【豊臣秀吉】太閤検地とは何か?その目的をわかりやすくカンタン解説

今回の主役は「豊臣秀吉」です。

 

この記事では「太閤検地」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「秀吉」がおこなった「太閤検地」を、カンタンに理解できます。

 

「太閤検地」は、現代に例えていうならば「税金逃れを防止するためのもの」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「太閤検地(たいこうけんち)」とは何か?

「太閤検地」とは、「太閤」とよばれた「豊臣秀吉」が行なった「土地の生産能力調査」のこと

 

2,「太閤検地」をおこなった目的とは?

「太閤検地」によって、土地の生産能力と税金の集め方が統一され、全国民の税金負担が平等になった。つまり「税金逃れ」ができなくなった。

 

3,「太閤検地」は、「朝鮮出兵」への準備だったのか?

「太閤検地」によって、全国の大名たちはその支配地域の生産能力にあわせて「軍役」を課された。つまり「太閤検地」によって秀吉は、「朝鮮へ何人の兵士を送り込めるのか」を調査したともいえる。

「太閤検地(たいこうけんち)」とは何か?

「太閤検地(たいこうけんち)」とは、「土地の生産力調査」のことです。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

たとえば、「1m四方の土地」から、「一年間で何kgのお米が取れるか」を調査したのです。

これにより、その土地から、どれくらいの「収入」が得られるのかが、正確にわかったのです。


「石高制(こくだかせい)」

それまでは、土地から得られる収入を「貫高制(かんだかせい)」といって「通貨」で評価していました。

例えば、「〇〇m四方の土地」から「年間1貫(約15万円)」が得られる、というように。

1591年】の「太閤検地」以降は、「石高制」といって、「米の量」で評価がされるようになりました。

例えば、「〇〇m四方の土地」から「2石(約15万円)」というように。

これにより、各地の戦国大名が、年間どれくらいの収入を得ているのかが明確になりました。

それはつまり、「各地の大名が、どれくらいの力(軍事力)を持っているのかが、明確になり、丸裸にされた」ということを意味していました。

ちなみに、なぜ「豊臣秀吉」が行なった「検地」という土地調査が、「太閤検地」と呼ばれているのでしょうか?

秀吉は【1591年】に、甥である「豊臣秀次」に関白の位をゆずり、自らは「太閤(たいこう)」と名乗りました。

「太閤検地」は、秀吉が「太閤」と名乗った頃に行われた「検地」であったため、「秀吉が行なった検地」という意味を込めて「太閤検地」と呼ばれるようになったのです。

ちなみに、「秀吉」が「太閤」と名乗る以前に行なった検地も、まとめて「太閤検地」と呼ばれることがあるようです。


「豊臣秀吉の天下統一」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀吉の天下統一までの道を解説!農民が偉業達成できた3つの理由」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「太閤検地」の目的をカンタン解説!平等な課税と軍役が目的だった

「太閤検地」の目的は、全国民への「税金」を、平等にすることです。

「太閤検地」によって、各土地の生産能力が、ハッキリしました。

ということは、「その土地にいくらの税金をかければいいのか」が、ハッキリしたことになるのです。


たとえば、年間「30石」のお米を生産する土地があったとします。

当時の税金は「3分の2」が一般的でした。

つまり、この土地からは毎年「20石」の税金が、徴収できることになります。

当時は「お米」の量を計測する「枡(ます)」の大きさが、地方ごとにバラバラでした。

そのため

  • 小さい枡をつかっている地域では、税金が少なく
  • 大きい枡をつかっている地域では、税金が多い

という「不平等な事態」が起こっていたのです。

つまり、地方によって税金がバラバラで、地域ごとに「不平等」だったのです。

そのため秀吉は、「枡」の大きさを全国で統一して、税金の負担を、全国民で平等にしました。

しかも、「土地の生産力調査」も正確に行なったため、税金をゴマかすこともできなくなりました。

「日本全国民」への「税金」の負担が平等になり、ズルい「税金逃れ」ができなくなったということです。

「太閤検地」は、「税金逃れ」を防止するための「収入調査」でもあったのです。

それだけではありません。

「太閤検地」によって、「軍役の義務」も明確になりました。

つまり、各地の土地を支配する「戦国大名」たちが支配する土地の大きさによって、負担する「軍役」の義務、つまり「何人の兵士を戦争に参加させるのか」という「義務」が、明確になったのです。

例えば、「10万石」の生産能力を持つ土地を支配する大名は、「2500人」の兵士を出兵させなくてはならない、などです。

生産能力がわかっているので、「大名への軍役」も、平等に負担させることが出来ます。

「太閤検地」によって、全国民の「納税義務」と、戦国大名の「軍役の義務」とが、明確で平等になったということです。

余談ですが、「織田信長」は【1582年】の最盛期に「787万石」もの土地を支配していました。

そこから計算される「最大動員兵力」は、最低でも約「20万人」程です。


「織田信長の石高」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長の石高はどれくらい?石高推移を年表でわかりやすく解説」の記事はコチラ


「太閤検地」は、「朝鮮出兵」の準備だったのか?

太閤検地は、「朝鮮出兵」が行われる前年の【1591年】に行われました。

これは「太閤検地」が、「朝鮮出兵」のための準備だったことを示しています。


「朝鮮出兵」のとき、全国の大名たちは、その土地の生産能力にあわせて「何人の兵士を朝鮮半島へ出兵させるのか」という「軍役」を割り振られました。

たとえば独眼竜「伊達政宗」は「500~1500人」という「軍役」を課されました。(政宗は約60万石という大国を支配していたが、領地が朝鮮半島から遠い奥州だったため、軍役をゆるくしてもらった)

「太閤検地」とは、支配していた土地の生産能力を把握し、その土地の生産能力に合わせた軍役を課す、というものです。

秀吉は、「太閤検地」によって、「何人の兵士を朝鮮半島へ送ることができるのか」を計算し調査していたのでしょう。

「太閤検地」には、実は「侵略戦争の下準備」という側面もありました。

秀吉の「検地」は、「支配する領地を広げれば広げるほどに、さらなる大軍団を集めることができるシステム」とも言えるのです。

つまり、こういうことです。

秀吉は「朝鮮出兵」によって、「朝鮮半島」と「明国(チャイナ)」を支配していたとしたら、どうなっていたでしょう。

もしも秀吉が「朝鮮半島」と「明国」の侵略に成功していたら、「朝鮮半島」と「明国」でも、「太閤検地」を行なっていたでしょう。

そして、その土地の生産能力に合わせて、「朝鮮・明国」の各地に「軍役」を与えて兵士を集め、さらなる大軍団で次の土地を侵略していたと考えられます。

「太閤検地」は、ただの「生産能力の調査」ではなく、「他国侵略の下準備だった」ともいえるのです。


「朝鮮出兵」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【豊臣秀吉】朝鮮出兵の理由を簡単解説!結果は失敗どころか大成功だった」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「太閤検地(たいこうけんち)」とは、「太閤」とよばれた「豊臣秀吉」が行なった「土地の生産能力調査」のこと

 

2,「太閤検地」をおこなった目的は、土地の生産能力と税金の集め方を統一し、全国民の税金負担が平等にすること。つまり「税金逃れ」を無くすことが目的の一つだった。

 

3,「太閤検地」によって、全国の大名たちはその支配地域の生産能力にあわせて「軍役」を課された。つまり「太閤検地」によって秀吉は、「朝鮮」へ何人の兵士を送り込めるのかを調査したともいえる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


「豊臣秀吉」関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る