織田信長と大阪城の意外な関係!信長は大坂に居城をつくる予定だった

この記事では「織田信長」と「大阪城」の「関係」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長と大阪城の意外な関係」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「大坂」という地に「拠点となる巨大な城をつくろうとしていた」のです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」と「大阪城」の関係とは?

織田信長は、大坂へ拠点となる巨大な城をつくろうとしていた

 

2,「信長」最大の宿敵「本願寺顕如(ほんがんじ けんにょ)」と「大坂城」の関係とは?

「本願寺顕如」の拠点「石山本願寺」の跡地に、「大坂城」が建てられた

 

3,なぜ「信長」は、「大坂城」へ拠点をつくろうとしたのか?

大坂が、西国攻略のための拠点として、とても有効な地だったから

織田信長と「大阪城」の意外な関係とは?信長は大坂に引っ越す予定だった

「安土城」に拠点を置いていた「織田信長」ですが、「本能寺の変」で死ななかったら「大坂城」へ拠点を移していただろう、といわれています。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

「大坂城」は、信長の部下であり、後継者ともいわれている「豊臣秀吉」がつくった城です。

 

しかし、もしも「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に殺害されていなかったら、信長は「大坂城」をつくっていたでしょう。

 

「信長」は、「本能寺の変」の直前、現在「大坂城」がある「石山」という地を、甥の「津田信澄」に任せていました。

 

この頃、大坂の地には「千貫矢倉」という巨大な矢倉があったといわれています。

 

矢倉があったということは、【城】とまではいかないものの、「砦」のような防御施設・拠点があったということでしょう。

 

「大坂城をつくった人は誰なのか?」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『大阪城を作った人は誰?江戸時代の歴代城主もわかりやすく解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長が「10年」も戦った宿敵「本願寺顕如」と「大坂城」の関係

実は、現在「大阪城」が立っている地には、信長が生きていた戦国時代の当時、「石山本願寺」という巨大なお寺がありました。

 

その「石山本願寺」を支配していたのは、「一向衆」と呼ばれる宗派と、一向衆のトップ「本願寺顕如(ほんがんじ けんにょ)」という人物です。

 

当時からこの地は、「要塞都市」として有名で、しかも交通の便も良い重要な拠点だったのです。

 

信長は、この「重要拠点」である「石山本願寺」の地を手に入れようと、なんと【10年】にわたって「本願寺顕如」と戦い続けたのでした(石山戦争)

 

いくら重要拠点とはいえ、10年もかけて戦いを続けるとは、信長はなぜそれほどまでに「大坂」にこだわったのか?

 

実は「大坂」という地は、信長の「西国攻略」にとって、無くてはならない重要拠点だったのです。


スポンサーリンク


なぜ信長は「大坂城」へ引っ越すつもりだったのか?

信長が、なぜ「大坂」をそれほどまでに必要としたのかというと「大坂へ引っ越せば、西国攻略が便利になるから」です。

 

当時の「大坂(石山本願寺)」は、瀬戸内海に通じた港を持った地でした。

 

しかも「淀川」という、「京都」とつながった水運の便も良い地だったのです。

 

当時は、現代とは違って「鉄道」や「自動車」がないので、人や馬の力を使わずに自動的に動いてくれるのは、船を利用した「水運」だけだったのです。

 

さらに「大坂」は、東西と北の三方向を海に囲まれていて、難攻不落の地だったのです。(埋め立てられる以前、石山本願寺(大阪城)は海に囲まれていた)

  • 北に、天皇がいる「京都」
  • 南に、商業都市「堺」
  • 西に、交通の大動脈である「瀬戸内海」

大坂は、水運を利用するのに便利この上ない「瀬戸内海」を通じて、「西国」と強力につながっていたのです。

 

交通に便利な地であれば、人が集まりやすく大都市が作りやすい、ということです。

 

「人が集まる」ということは、「お金が集まる」ということです。

 

お金が集まるなら、そこから「税金」を集めれば、圧倒的な資金が手に入るわけです。

 

資金が手に入るということは、その資金で、強大な軍団をつくることができるし、「鉄砲」などの強力な兵器を、たくさん買うことができます。

 

西国と「瀬戸内海」の水運でつながっているなら、「中国」・「四国」・「九州」へ【船】をつかって大軍団を送ることができます。

 

さらには「朝鮮国」への出陣も、大坂を拠点にすれば、やりやすいでしょう。

 

「京都」という日本の中心から近く、「西国・朝鮮」への出陣にも便利。

 

だからこそ、織田信長は「大坂」という地を高く評価し、拠点にしようと考えていたのです。


スポンサーリンク


秀吉が「大坂城」をつくった理由とは?

豊臣秀吉が、なぜ「大坂」を拠点に選んだのかというと、信長と同じ理由です。

 

「織田信長」が「大坂」を評価していたことを知っていたのでしょう。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

 

1583年】、豊臣秀吉は「大坂城」の築城を開始します。

 

秀吉は、息子「豊臣秀頼」が生まれると、大坂城を「秀頼」に与えて、自分は京都の「伏見城」や、近年発掘された「京都新城」で生活したのでした。

 

大坂城は、当時最新の技術を注ぎ込まれてつくられた「最新鋭の防衛拠点」です。

 

秀吉は自分が死んだあと、息子「秀頼」を守るために、大坂城をつくったのだといわれています。

 

しかし「大坂城」は、「徳川家康」の罠で、大坂城の防御力の源であった「堀」を埋め立てられ、無力化されてしまうのです。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

 

1615年】、大坂城は「大坂夏の陣」で落城。

 

豊臣秀頼は、母「茶々(淀殿)」とともに自害します。

 

こうして、豊臣家は滅び去ったのでした。

 

秀頼を守るためにつくった大坂城は、家康によって、もろくも崩れ去ったのでした。

 

「豊臣秀頼」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長、大坂へ拠点となる巨大な城をつくろうとしていた

 

2,「信長」最大の宿敵「本願寺顕如(ほんがんじ けんにょ)」の拠点「石山本願寺」の跡地に、「大坂城」が建てられた

 

3,「信長」にとって、大坂は西国攻略のための拠点として、とても有効な地だった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る