宮本武蔵に妻はいたのか?子供や子孫、弟子も調査してみた

剣豪「宮本武蔵」には「妻」や「子供」はいたのか?簡単にわかりやすく解説いたします。

「関ヶ原の戦い」で落ち武者となり、後に「剣豪」として名を轟かせた「宮本武蔵」

彼には「妻」と呼べる女性はおらず、実子もいなかったことから「養子」をもらって、現在も子孫が続いているようですね。

その他「エピソード」なども解説いたします。


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 宮本武蔵には「妻」はおらず「実の子」もいなかった。ただ、養子が数人いて、その一人「宮本伊織」の末裔は今も続いている
  2. 宮本武蔵は、当時たしかに「トップクラスの武芸者」だったが、その強さは小説や物語で、多少「誇張」されているのではないか
  3. 武蔵には「弟子たちをつかって、佐々木小次郎を襲わせた」という逸話がある

「宮本武蔵」の妻、子供や子孫のゆくえを調査

結論から言うと、「宮本武蔵」に「妻」はいませんでした。

《宮本武蔵》
「引用元ウィキペディアより」

小説「宮本武蔵」などでは、友人である「本位田又八」の婚約者「お通」という女性と相思相愛の関係になったと語られていますが、実際には妻がおりませんでした。

そのため、宮本武蔵には「実子」がおらず、複数の養子をもらっていたようです。

「宮本伊織(みやもといおり)」・・・・宮本武蔵の弟子であり、のちに養子となった人物です。

かなり優秀な人物だったようで、明石藩「小笠原」家につかえ、筆頭家老として活躍。小笠原家は、のちに「小倉」へ移動しており、伊織もそれに従っています。

伊織の子孫たちは、小倉小笠原家で筆頭家老を務め続けていました。その「宮本伊織」の末裔が、現在も北九州市「小倉」を中心に数多く生活しておられるとのことです。

宮本武蔵には、ほかにも「三木之介」「九郎太郎」という兄弟を養子としているが、こちらの系列は断絶しています。


スポンサーリンク

宮本武蔵の弟子たち

武蔵には数多くの弟子たちがいました。100名弱ほどいたと言われています。

 

小説などでは、武蔵にはそれほど多くの弟子はおらず、「城太郎」と「伊織」という二人の子供をしたがえていただけ・・・のように言われていますが、実際には多数の弟子たちがいたのです。

・石川左京

・山本源五

・青木城右衛門

・竹村頼角(手裏剣術の名人)

・柴任三左衛門(福岡藩二天一流開祖)

・塩田浜之助

・松井寄之

・寺尾孫之允勝信

・寺尾求馬助信行

有名な人をざっとあげてみましたが、彼らが後に、巌流島で「佐々木小次郎」を集団で撲殺したといわれています・・・。


スポンサーリンク

武蔵の「強さ」とは?最強と評価されるほどではなかった?

剣豪と呼ばれた「宮本武蔵」・・・・実際の所、その強さはどれほどのものだったのか?

現実的に考えて、「宮本武蔵」の強さは、現在の小説や漫画で語られるほどのものではなかった、と思います。「生涯不敗」とか「吉岡一門の剣豪数十名を一人で倒した」とか。

宮本武蔵には「吉岡清十郎」「吉岡伝七郎」「吉岡一門の数十名との決闘」や「鎖鎌の名人・宍戸梅軒」「槍の宝蔵院胤舜」「巌流・佐々木小次郎」「槍術の高田又兵衛」「棒術の夢想権之助」などと決闘し、無敗だったという逸話があります。

しかし、これらの多くが創作であると考えられています。「吉岡一門数十名との決闘」「宝蔵院胤舜」との戦いは、信憑性が乏しいとのことです。「高田又兵衛」「夢想権之助」との戦いでは「武蔵が負けた」という説もあります。


スポンサーリンク

とはいえ、宮本武蔵が当時トップクラスの「武芸者」であったことは確かです。

 

武蔵の目的は、現在の格闘家が目指すような「世界最強」になることではなく、「兵法指南役(軍事の師)」として大名に仕えることでした。つまり「武芸者としてお殿様に士官すること」だったのです。

ところが、武蔵は「兵法指南役」として士官することが出来ずに亡くなります。

武蔵・・・・もしも小説で語られる「数十名の吉岡一門を一人で倒した」ような「最強」の武芸者だったら、引く手あまただったはず・・・。

現実は、そうではなかったから、士官できなかったのではないでしょうか。

余談ですが、宮本武蔵は「戦争」に参戦した経験がいくつかあります。

石田三成方の西軍に属して「関ヶ原の戦い」に参加。「大阪の陣」では徳川方に参戦。天草四郎が起こした「島原の乱」鎮圧戦などです。活躍したという話はないようですが、それでも「歴戦の猛者」と言って良いのではないでしょうか。


スポンサーリンク

不都合な逸話!「巌流島の伝説」は大嘘?

武蔵には、不名誉な伝説があります。「巌流島での決闘」で、「弟子たちに佐々木小次郎を襲わせた」という逸話です。

我々がよく知っている「巌流島の決闘」というお話では、『宮本武蔵が佐々木小次郎との決闘に遅れて現れ、船の「オール」を削ってつくった「木刀」で小次郎を倒し、すぐさま立ち去った』・・・・となっています。

しかし、実際には違ったようですね。

宮本武蔵は「佐々木小次郎」と、「決闘場である巌流島に、お互い弟子は連れてこない」と約束していました。

ところが「武蔵」は約束を破って大勢の弟子を島に連れてきており、小次郎を集団で撲殺したのだとか・・。

我々現代人からすれば、武蔵のおこないは「卑怯」以外の何物でもありません。しかし「兵法家」であった武蔵からすると、これは「正当な作戦」なのでしょう。

武蔵からすれば、小次郎という強敵との戦いは、「兵法指南役」として大名に自分を売り込むための絶好の機会。

「何が何でも勝たなくてはいけない戦いだった」わけですから、どんな汚い手でも使うのは当然だったかもしれません。

また一説には「武蔵が一対一で小次郎を倒したあと、弟子たちが小次郎を撲殺した」とも言われていますので、一応「一対一で武蔵が勝利した」ということになっています。

宮本武蔵・・・・・・結構ズルい手を使う人だったようです。命のやり取りをするわけですから、ある意味で当然ですけどね。


スポンサーリンク

『宮本武蔵』について「ひとこと」言いたい!

先ほど「武蔵はズルい手をつかった」と言いましたが、それは「スポーツマンシップ」という正々堂々とした「スポーツの文化」が根付いた今の日本だからこそ言える言葉でしょう。

昔は「生きるか死ぬか」の戦場が、そこら中にあった時代です。いつ殺されてもおかしくないのですから、武蔵のような「かならず勝てる卑怯な手」を駆使するのは当然と言えるのです。

現代でも、政治や国家間の外交で、「嘘」をついたり「だましたり」という手段を、日本人は「卑怯」だと罵ることがしばしば・・。

しかし、「命」がかかった「国益」を左右する「政治」を行っているのですから、多少の技は必要でしょう。

真っ正直な日本人が、こういった「権謀術数」を学び、騙されたりしないためにも、今「宮本武蔵」やその著書「五輪書」などを学んでみても、面白いかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五輪書 (まんがで読破) [ 宮本武蔵 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2019/3/18時点)

楽天で購入

 

ちなみに、「五輪書」は「孫子の兵法」と同じく、今の時代でも通用する「兵法書」として有名です。経営などにも応用されていると言われています。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 宮本武蔵には「妻」はいなかった。実子もおらず、複数の養子がいたのみである。養子の一人「宮本伊織」の末裔が、福岡県北九州市小倉を中心に現在も続いている。
  2. 宮本武蔵は、当時「トップクラスの兵法家」だったことは間違いないが、小説や映画・ドラマで言うほどのものではなかったのではないか。
  3. 武蔵には「弟子たちに佐々木小次郎を襲わせて勝利した」という逸話がある。おそらく真実だろう。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「天草四郎時貞の死因と最期とは?不思議な都市伝説や本名をカンタン解説」の記事はコチラ
「【島津義弘】関ヶ原の戦い敵中突破の詳細とは!戦国最強の逸話が怖い」の記事はコチラ
徳川家康の年表を詳しく簡単解説!子供の誕生と居城を網羅!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る