MENU

三浦義村の最後と死因は?北条義時が亡くなった直後に北条を裏切ろうとしていた

皆さんは三浦義村みうらよしむらの最後と死因を、ご存知でしょうか?この記事の内容を簡単にまとめますと以下のとおりです。

  1. 三浦義村は、鎌倉幕府の御家人で、源頼朝の部下。北条義時のいとこで、生涯の盟友
  2. 義村の死因は病死。突然死とされ、脳梗塞・脳卒中で亡くなったといわれている
  3. 義村のお墓は神奈川県三浦市にある福寿寺。また横須賀市には義村を祀る近殿神社がある

この記事では三浦義村を、わかりやすく、カンタンに解説いたしました。

今は三浦義村について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

これを読めば、誰かに説明できるほど、三浦義村に詳しくなれます。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

目次

三浦義村の生涯を簡単に解説

三浦義村は、鎌倉時代を生きた有力御家人。義村は北条義時のいとこであり盟友、そして源頼朝の部下でした。

源頼朝が平家打倒に挙兵すると、当初から頼朝に味方して戦っています。

その後、鎌倉幕府の成立に尽力し、北条義時を助けつづけます。

頼朝亡き後、鎌倉幕府では御家人同士の権力闘争が勃発しています。

義村は徹底的に盟友である北条義時の味方をし続けるのです。

  • 畠山重忠の乱
  • 比企能員の変

これらの政変で、義村はつねに北条義時の味方をします。

和田合戦において、義村は同族である和田義盛を裏切り、「友を喰らう犬」とののしられ続けながらも、義時の味方をしています。

  • 源実朝暗殺事件
  • 承久の乱

これらの事件では、義村は黒幕といわれ続けていました。

今も、実朝暗殺と承久の乱では、三浦義村が裏で糸を引いていたという説が根強くあります。

ところが義村は、天下が目の前にあるというのに、天下を取るチャンスを放棄してまで、義時の味方をし続けました。

挙句の果てには、義時が亡くなった直後の【伊賀氏の変】でも、義村は北条を裏切ると噂されていました。

しかし義村は北条政子の説得を受けて、結局は北条を裏切らなかったのです。

三浦義村は、最期の最期まで、北条義時を助ける友でい続けたのでした。

その後、義村は盟友・北条義時の息子で、鎌倉幕府のトップをつとめた北条泰時を、義時の弟である北条時房とともに支え続けます。

そして、鎌倉幕府の土台を磐石なものとした1239年12月31日、義村は亡くなります。

  1. 和田合戦
  2. 源実朝暗殺事件
  3. 承久の乱
  4. 伊賀氏の変

これら4度の政変で、三浦義村は北条義時を裏切ると噂されながら、最期まで義時を守り続けたのでした。

こうして三浦氏は、北条氏に次ぐ勢力へと急拡大していくのです。

しかし、三浦一族は義村の死後、その子である三浦泰村・光村兄弟のときに、法治合戦で北条・安達に滅ぼされることとなるのです。


スポンサーリンク

三浦義村の最後と死因

三浦義村の死因は、頓死・大中風(脳の病気)であるといわれています。

歴史書「吾妻鏡」では、三浦義村は頓死したと記されています。頓死とはつまり急に亡くなったということです。

また、大中風とは脳の病気、すなわち脳卒中や脳梗塞のような、体の自由が急に奪われて半身不随などになってしまうこと

三浦義村は、1239年12月31日に亡くなります。享年は不明です。

盟友であった北条義時が1224年に亡くなっていました。

ですので義村は、義時の死後15年も生きたことになります。

実は義村の死因には、当時

「後鳥羽上皇の怨霊に呪い殺された」

という噂がされていました。

義村が亡くなった翌月、あとを追うかのように、義村とともに北条義時を支えていた義時の弟・北条時房も亡くなっているのです。

当時の人々は、三浦義村と北条時房という、北条義時を常に支え続けた二人の死を、後鳥羽上皇の呪いだと考えたのです。


スポンサーリンク

三浦義村のお墓の場所

三浦義村のお墓は、神奈川県三浦市の福寿寺にあります。

〒238-0103 神奈川県三浦市南下浦町金田

横須賀市にある近殿神社は、三浦義村を祭神として祀っています。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部1丁目9−3

 

まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 三浦義村は、鎌倉幕府の御家人で、源頼朝の部下。北条義時のいとこで、生涯の盟友
  2. 義村の死因は病死。突然死とされ、脳梗塞・脳卒中で亡くなったといわれている
  3. 義村のお墓は神奈川県三浦市にある福寿寺。また横須賀市には義村を祀る近殿神社がある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次