MENU

武田信玄の死因と最後の様子とは?肺結核ではなく胃がんで亡くなった

武田信玄の「死因」や「最後の様子」について、誰かに尋ねられても、ハッキリと答えられる方は、少ないかもしれません

 

実は筆者自身も、「武田信玄」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「武田信玄の死因・最後」については答えられませんでした

 

この記事では「武田信玄」の「死因」「最後の様子」について、ひと目で分かるようにまとめました

 

「武田信玄」の「最後」について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです

 

これを読んで、信玄についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,武田信玄の『死因』は?

信玄の死因は、諸説あります。

  • 労咳(ろうがい・肺結核)
  • 肺炎
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 狙撃
  • 日本住血吸虫病など

 

2,武田信玄の『没年月日』は?

旧暦・元亀4年4月12日

新暦・1573年5月13日

享年53歳

 

3,武田信玄の『最後の様子』は?

織田信長」「徳川家康」と戦っていた「西上作戦」の途中で、喀血(かっけつ)を繰り返し、信濃国・駒場というところで亡くなった

 

4,武田信玄の『辞世の句』は?

「大ていは 地に任せて 肌骨好し 紅粉を塗らず 自ら風流」


武田信玄の『死因』は何?

信玄の死因は、諸説あります。

 

  • 労咳(ろうがい・肺結核)
  • 肺炎
  • 胃がん
  • 食道がん

による病死説が有力です。

《武田信玄》
「引用元ウィキペディアより」

江戸時代には、6代将軍「徳川家宣」の師にあたる「新井白石」が

「三河・野田城攻城戦における『狙撃』が原因で死去した」

とする説を残しています

 

近代では、地方病として蔓延したことのある「日本住血吸虫病(にほんじゅうけつきゅうちゅうしょう)」に死因を求める見解も生まれているようです。

 

一般的に、武田信玄の死因は「労咳」・・・つまり「肺結核」と考えられているようですが、最近ではその症状から「かく」、すなわち「胃がん」で亡くなったという説が最も有力となっています。



スポンサーリンク


武田信玄の『没年月日』と『最後の様子』

「没年月日」と「享年」

旧暦・元亀4年4月12日

新暦・1573年5月13日

 

享年53歳

「最後の様子」

元亀4年(1573年)1月】、「武田信玄」ひきいる武田軍が、「徳川家康」が支配する三河国に侵攻。

 

2月10日】、信玄の攻撃により、三河国・野田城が陥落。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

3月6日】、織田軍から武田軍へ寝返っていた美濃国の岩村城に、武田家重臣「秋山虎繁」が入城。

 

信玄は野田城を攻め落とした直後から、たびたび喀血(かっけつ)したとのことです。(一説によると、徳川家康を撃破した「三方ヶ原の戦い」の首実検の時に、喀血が再発した、とも言われています。)

 

この頃から信玄の持病が悪化。同時に、武田軍の進撃は突如として停止。

 

そのため、信玄は最前線の「野田城」から引き上げて、「長篠城」において療養していたのですが、近習や一門衆の合議によって、「元気4年(1573年)4月初旬」には、遂に甲斐国へと撤退することとなります。

 

4月12日】、軍が甲斐へとひきかえす途中、三河街道で、「武田信玄」死去。

 

亡くなった地点は、三州街道の信濃国・駒場(長野県下伊那郡阿智村)であるとされていますが、他にも「浪合」や「根羽」とする説があります。

 

このとき「長岳寺」という寺で、火葬されたという逸話が残っています。

武田四天王の一人「高坂昌信」が残した資料『甲陽軍鑑(こうようぐんかん)』によれば、信玄は遺言で

「自身の死を3年の間は秘密にすること」

 

「遺骸を諏訪湖に沈めること」

 

「(勝頼の息子である)武田信勝が家督を継承するまで、勝頼は信勝の後見役としてつとめ、越後の『上杉謙信』を頼ること」

を言いのこし、武田四天王の「山県昌景」や「馬場信春」「内藤昌秀」らにあとのことを託した。

 

「山県昌景」に対しては、さらにもう一つ

「源四郎よ(山県昌景のこと)、明日は瀬田に(我が武田家の)旗を立てよ」

と言いのこしたといいます。

《山県昌景》
「引用元ウィキペディアより」

信玄の遺言について

「遺骸を諏訪湖に沈めること」

だけは『甲陽軍鑑』によれば、重臣の協議により実行されなかったとのことです。

 

1575年5月21日】、武田勝頼は「長篠の戦い」で、織田・徳川連合軍に大敗していますが、『甲陽軍鑑』によれば、この直前の「同年4月12日」には、信玄の菩提寺「恵林寺」において、勝頼による信玄の三周忌の仏事が行われています。

《武田勝頼》
「引用元ウィキペディアより」



スポンサーリンク


武田信玄の『辞世の句』と意味

大ていは 地に任せて 肌骨好し 紅粉を塗らず 自ら風流

この世の中では、流れに身を任せて生きていくのが良いだろう。

 

その中で、自分を見出して生き、そして死んでいく。

 

いばったりせずに、正直に生きていく事が、最も楽で良いものなのだよ



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,武田信玄の『死因』は?

信玄の死因は、諸説あります。

  • 労咳(ろうがい・肺結核)
  • 肺炎
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 狙撃
  • 日本住血吸虫病など

 

2,武田信玄の『没年月日』は?

旧暦・元亀4年4月12日

新暦・1573年5月13日

享年53歳

 

3,武田信玄の『最後の様子』は?

「織田信長」「徳川家康」と戦っていた「西上作戦」の途中で、喀血(かっけつ)を繰り返し、信濃国・駒場というところで亡くなった

 

4,武田信玄の『辞世の句』は?

「大ていは 地に任せて 肌骨好し 紅粉を塗らず 自ら風流」

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました



スポンサーリンク


『武田信玄』関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次