徳川家康の死因と最後の様子とは?天ぷら食べて亡くなった説はウソ

徳川家康の「死因」や「最後の様子」について誰かに尋ねられても、はっきりと答えられない方も多いのではないでしょうか

 

実は筆者自身も、「徳川家康」については知っていたものの、自分の手で調査してみるまで、「家康の死因・最後」については答えられませんでした

 

この記事では「徳川家康」の「死因」「最後の様子」について、ひと目で分かるようにまとめました

 

「徳川家康」の「最後」について知りたい方にとって、この記事は必ずお役に立つはずです

 

これを読んで、家康についての疑問を、スッキリと解消していただければ幸いです。


スポンサーリンク


この記事を短く言うと

1,徳川家康の『死因』は

「胃がん」と考えられている

「天ぷらによる食中毒説」は、近年では否定されている。

 

2,家康の『最後の様子』は

元和2年(1616年)1月21日、病のため鷹狩に出た先で倒れ

4月17日巳の刻(現在の午前10時頃)、家康は駿府城において死去

 

3,家康の『没年月日』は

旧暦・元和2年4月17日

(西暦 1616年6月1日)

享年75歳

(満73歳4ヶ月)

 

4,家康の『辞世の句』は

嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空

先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ


徳川家康の『死因』は何?

「天ぷらによる食中毒説」

徳川家康の死因については、鯛を「かやの油」で揚げ、その上にすった韮(にら)をすりかけた「天ぷら」による「食中毒説」が長く一般化されてきました。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

しかし、家康が鯛の天ぷらを食べたのは、【1月21日の夕食】で、死去したのは【4月17日】と日数がかかり過ぎていることから、食中毒を死因とするには無理があったのです

 

家康が亡くなったあと、江戸城内では天ぷらを料理することが禁止されています。

 

これは、家康の死因が天ぷらによる食中毒であるために生まれた禁忌(きんき)である、という説明がなされることもありますが、実際には、大奥の侍女の一人が天ぷらを料理していて火事を出しかけたために禁止されたものなのです。

最新説「胃がん説」

「天ぷら食中毒説」に替わって主流となっているのは「胃がん」です。

 

『徳川実紀』という文献には、家康の病状について

 

「(徳川家康は)見る間に痩せていき、吐血と黒い便(の症状がでた)、腹にできた大きなシコリは、手で触って確認できるくらいだった」

三方ヶ原の戦いで敗北し逃げ帰った徳川家康肖像:徳川美術館所蔵、wikipediaより、パブリックドメイン

と書き留めていること、および、係る症状が胃がん患者に多く見受けられるものである事実が、「胃がん説」の論拠となっています。


スポンサーリンク


徳川家康の『最後』

「没年月日」と「享年」

旧暦・元和2年4月17日

西暦1616年6月1日

 

享年75歳

満年齢・73歳4ヶ月

最後の様子

元和2年(1616年)1月21日

家康は趣味の「鷹狩」に出かけた先で、病が原因で倒れたのです。

 

3月21日

朝廷から「太政大臣」に任ぜられたが、これは武家出身者としては

  • 平清盛
  • 源義満(足利義満)
  • 豊臣秀吉

に次いで史上4人目。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

4月17日

巳の刻(現在の午前10時頃)、徳川家康は駿府城において75歳(満73歳4ヶ月)で死去。

 

即夜、久能山に遺体は移されました。

徳川家康の『辞世の句』と意味

「徳川家康」の辞世の句は「2つ」伝えられています。。

嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空

うれしいかな、これで最後と思って目を閉じたのだが、また目覚めることが出来た。

この世で見る夢は、まるで夜明けの暁の空のよう。

さて、もう一眠りするとしよう。

先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ

今、まさに死にゆく私も、今は生き残るあなたも、結局のところ同じ世界(死後の世界)へいくこととなるのだ。

あなたも、死ぬことから逃げることはできない。

だからといって、私はあなたを道連れにして死のうとは思わない。(殉死は禁止だ!)

しばらくの間、お別れだ。さらば。

《徳川の家紋・葵の紋》
「引用元ウィキペディアより」

 


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,徳川家康の『死因』は、

最新説では「胃がん」が有力。

「天ぷらを食べての食中毒説」は、近年では否定されている。

 

2,家康の『最後の様子』は

元和2年(1616年)1月21日、病のため鷹狩に出た先で倒れ

4月17日巳の刻(現在の午前10時頃)、家康は駿府城において死去。

 

3,家康の『没年月日』は

旧暦・元和2年4月17日

(西暦 1616年6月1日)

享年75歳

(満73歳4ヶ月)

 

4,家康の『辞世の句』は

嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空

先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました

『徳川家康』関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

「徳川家康の年表を詳しく簡単解説!子供の誕生と居城を網羅」の記事はコチラ
徳川家康家臣団一覧!天下統一に貢献した4人の名臣と十六神将とは」の記事はコチラ
徳川家康と瀬名姫の家系図を簡単紹介!父母・子供達とのその後も解説」の記事はコチラ
「【徳川家康が日光・静岡・大阪と3つある?各場所の歴史と秘密!」の記事はコチラ
徳川家康家系図を簡単に短く解説!嫁と子供、子孫と現在の末裔とは」の記事はコチラ
徳川家康年表を詳しく簡単解説!子供の誕生と居城を網羅」の記事はコチラ
徳川家康死因は天ぷら?真田幸村に暗殺された説は本当か考察!」の記事はコチラ
徳川家康性格エピソードを紹介!ホトトギスを待てない短気者だった」の記事はコチラ
徳川家康正室と側室一覧!妻達の家系図から「女好き」な性格と判明」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る