松平信康は妖刀村正で死んだ?徳川家康・愛刀の名前と真実を解説

徳川家康の嫡男「松平(徳川)信康」

妖刀・村正で亡くなった?

徳川家康と信康の愛刀とは?妖刀の真実をご紹介


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

徳川家康の祖父「松平清康」も、家康の息子「松平信康」も、「村正」で亡くなった・・らしい

・村正の呪いは、創作・・・または勘違いだろう

・松平信康の愛刀は、おそらく村正・・。家康の愛刀は「不動国行」「江雪正宗」「義元左文字」


松平(徳川)信康は「村正」で死んだ?

1579年、徳川家康の息子「松平(徳川)信康」は、謀反の疑いをかけられ、遠江国・二俣城で切腹。

介錯・・・つまりとどめを刺す役は「服部半蔵」だったが、主君に刀を向けられず、検死役「天方道綱」が代わったと言われています。

この時、切腹に使われた脇差しが、刀工集団「村正一派」がつくった「村正」・・・または介錯に使われた刀が「村正」だったとか・・・。

家康が駿河宮で怪我をしてしまった刀も、「村正」

家康の祖父・松平清康も、「村正」で命を落としたとの噂。

家康を追い詰めた名将「真田幸村」の槍も村正。

家康は、村正による不幸が多いことに気が付き、村正は、見つけ次第捨てるように!と厳命したのです。

これが「妖刀・村正」伝説の始まりでした。


スポンサーリンク

村正の呪い伝説・・・真実とは?

実は「村正」の呪い伝説は創作。

なぜなら、徳川四天王の一人「本多忠勝」が愛用していた「天下三名槍」の一つ「蜻蛉切」も「村正」の作品。

(天下三名槍は他に、結城秀康の「御手杵」、福島正則・母里太兵衛の「日本号」)

また、徳川四天王の筆頭「酒井忠次」の愛刀も「村正」

そして、徳川家臣団の多くが「村正」を使用していました。

村正一派は、伊勢の国の刀工集団。

つまり、家康が住んでいた「三河国」の近く。

村正は非常に優れた刀剣だったので、人気があったのです。

小説家・吉川英治の友人は、こんなことを吉川に話したことがあるとか。

「三河武士が、伊勢の刀工「村正一派」の刀を使うのは当然。

東海道・三河の武士が、例えば九州の刀なんて使わないのだから」

村正の呪い・・・・家康の勘違い・・・又は「創作」で間違いないです。

清康が亡くなったのも、信康が亡くなったのも、村正に呪われていたのではなく、周囲が村正だらけだったため。

偶然です。

ちなみにこの「村正」

本物は「東京国立博物館」「京都国立博物館」にて保存されているとのことですが、常に展示されているわけではないみたいです。

信康と家康の愛刀とは?

信康と家康が使用していた刀とは、どんなものなのか?

信康の愛刀

信康の愛刀なのですが、はっきりとはわかっていません。

しかし、おそらくですが「村正」を使っていたのではないでしょうか?

理由は簡単で、先程申し上げた通り、家康家臣団の有力武将は、好んで「村正」を使っていたため。

「荒武者」と噂の信康もまた、非常に優れた方な「村正」を好んだはず。

信康といえば、戦の話しかしない体育会系で有名ですからね。

家康の愛刀

では家康の愛刀は?

家康が使っていた刀は、数が多いですが、最も有名なところで言うと、後に息子「秀忠」に受け継がれ、孫「家光」が相続した3つの刀が有名です。

関ヶ原・大坂の陣で、家康が佩刀していた刀

不動国行」・・・現在行方不明

江雪正宗」・・・明暦の大火で焼失

義元左文字」・・三好左文字・宗三左文字などの名前でも有名。京都市北区の「建勲神社」にて保管されています。

この「義元左文字」・・・・元々は「三好宗三(そうざ)」の刀でしたが、信玄の父・武田信虎に贈られました。

信虎は、娘を今川義元に嫁がせる際に、義元に「左文字」をプレゼント。

義元は「桶狭間の戦い」で敗北し、「義元左文字」は信長が戦利品として奪取。

その後「秀吉」「家康」へと渡り、明治天皇が与えた織田信長の神号「建勲(たけいさお)」を冠する「建勲神社」に、徳川本家から寄進されました。

「天下を狙う者が佩く刀」と言われているみたいです。


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・家康の祖父「松平清康」も、息子「信康」も村正で亡くなったと言われている

・しかし、村正の呪いは、まず間違いなく勘違いだろう

・信康の愛刀は、おそらく「村正」。家康の愛刀は「不動国行」「江雪正宗」「義元左文字」、他にもいくつもあった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る