【武田勝頼】妻・北条夫人の最後がすごい?2人の正室について解説!

武田勝頼の妻「北条夫人」がすごい!

もう一人の妻、織田信長の養女とは?

2人の正室について、分かりやすく簡単解説!


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・北条氏政の妹で、武田勝頼の妻「北条夫人」は、19歳の若さで、天目山にて亡くなっている

・北条夫人は、実家に戻ることを拒絶し、武田勝頼とともに自害している

・勝頼の最初の妻「龍勝院」は、織田信長の姪。龍勝院は勝頼の長男「武田信勝」を産んでいる


勝頼の妻「北条夫人」の最期

武田勝頼の妻、北条夫人・・・。

北条氏政の妹であり、「武田・北条の同盟」の証として、武田勝頼に嫁いだ人物。

ちなみに「北条夫人」は、上杉謙信の養子「上杉景虎」の妹でもあります。

つまり「北条氏政」「上杉景虎」「北条夫人」は、全員「北条氏康」の子供。

この北条夫人は、武田・北条の同盟が成立した時に、武田勝頼に嫁入してきた人物。

1577年、北条夫人は14歳の若さで、32歳の勝頼に嫁いでいます。

1578年、上杉謙信が病死したことにより始まった後継者争い「御館の乱」において、実兄「上杉景虎」を支援するようにと、夫「勝頼」に頼んでいます。

しかし、勝頼はこの頼みを拒絶。

「上杉景虎」のライバル「上杉景勝」を支援しています。これにより「北条夫人」が繋ぎとめていた「武田・北条の甲相同盟」は破綻。

北条氏政は、徳川家康と同盟し、武田に攻撃を仕掛けてくるのです。

織田信長」「徳川家康」「北条氏政」と、三方向から攻撃を受けた武田は一気に壊滅。

1582年3月、天目山の戦いで武田勝頼は自刃。

妻の「北条夫人」も、19歳の若さで自刃

辞世の歌は

「黒髪の 乱れたる世ぞ 果てしなき 思いに消ゆる 露の玉の緒」

(乱れた黒髪の様に、乱れきったこの世に置いて、主人を思う私の想いは、露と消え落ちようとしています)

 

「帰る雁 頼む疎隔の言の葉を 持ちて相模の国府に落とせよ」

(南へと帰る雁よ。疎遠にしてしまった謝罪の言葉を、故郷の相模国府・小田原へ届けておくれ)

あまりにも儚い一生でしたね。


武田勝頼の最期と子孫」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「武田勝頼の最後の場所はどこ?子孫は足利の血を継ぎ昭和まで存続!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

北条夫人の逸話

北条夫人と勝頼は、とても仲の良い夫婦だったと言われています。

武田信玄の師・恵林寺の「快川紹喜」というお坊さんが、北条夫人のことを「善人」と称しているとか・・・。

かなり徳の高い女性だったのでしょう。

武田家が滅亡する1月前、北条夫人は、夫のために「武田家安泰」の願文を奉納しています。

そして何より、天目山での自刃について。

甲斐国の天目山・・・。

織田家重臣・滝川一益の軍に発見されてしまい、自刃せざるを得なかった武田勝頼と北条夫人。

しかし、甲斐国と北条夫人の実家「相模国」はお隣。

当時の常識として、家同士の同盟が破綻したら、嫁は実家に戻すものでした。

北条家が徳川・織田と協力して武田に攻めてきたということは、勝頼は北条夫人を北条家に返すことが出来たはず。

それを北条夫人は拒絶して、死を選んだ様子。

「小田原北条記」という記録には

「勝頼様は、私が兄『上杉景虎』を支援してくれるようにと頼んだ時、聞き入れてはくれませんでした。

今更になって、何の面目があって、実家の小田原に帰れるでしょうか・・。」

とても誇り高く、愛情深いお姫様だったのでしょうね。

ちなみに、勝頼との間に・・子供は一人もいなかったとのことです。


スポンサーリンク

勝頼の最初の正室「龍勝院」とは?

武田勝頼の妻「北条夫人」

実は「北条夫人」の前に、勝頼には「龍勝院」という名前の正妻がいました。

この「龍勝院」・・・織田信長の養女。

龍勝院は、信長の妹と「遠山直廉」の娘。

つまり、信長の姪に当たる人物です。

龍勝院は、1565年に武田勝頼と結婚。

1567年に勝頼の嫡男「信勝」を出産しています。

その4年後の1571年に死去。

息子の「信勝」は、1582年の「天目山の戦い」で敗北し、父・武田勝頼や北条夫人とともに自刃。

最期は、武田勝頼から武田家の家督を譲られ、実質的に「武田家の最期の当主」として亡くなっています。

ちなみに、この「天目山の戦い」で武田家が滅びた3ヶ月後、織田信長が「本能寺の変」で明智光秀の手によって亡くなっています


本能寺の変」については、以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・北条夫人は、1582年に天目山の戦いで、勝頼とともに亡くなっている

・北条夫人の人柄は、夫想いで、どうやら「善人」を絵に描いたような人だったらしい

・勝頼の最初の妻「龍勝院」は、織田信長の姪で、1571年に亡くなっている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


武田勝頼の評価」については以下のリンク記事で、詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「武田勝頼の評価が上昇している理由は?天目山の最後が見事だったから!」の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る