井伊直政と松下家のその後!母親おひよはなぜ義父・清景と再婚した?

井伊直政が養子となった「松下家」

その松下家は、井伊直政が養子縁組を解消した後、どうなったのか?

そもそも井伊直政の母「おひよ」は、なぜ松下清景と再婚したの?


スポンサーリンク

歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

拙者は当サイトを運営している「元・落武者」と申す者・・・。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

・松下家と井伊家には、元々何の関係もない

・井伊家と松下家は、井伊直政の母「おひよ」の再婚をきっかけにして、それぞれに助け合って、家の再興に成功している

・松下家は、その後も井伊直政の重臣として、長く繁栄した


井伊直政と松下家の関係

徳川家家臣・松下清景。

井伊直政の母「おひよ」の再婚相手にして、井伊直政の「義父」

この松下清景は、修験者にして徳川家家臣・松下常慶の兄と言われています。

また、松下之綱の兄という噂もあるようです。

松下之綱といえば、まだ農民だった「豊臣秀吉」が、信長と出会う前に士官していた人物で、後に大名となったお方。娘は柳生宗矩に嫁いでいます。

さて、どうして井伊直政は、養子に入る先として、この「松下家」を選んだのでしょうか?

井伊家と松下家の間に何か関わりがあったのか?

おそらく何もなかったのではないでしょうか。

ここからは推測でしかありませんが、「松下家」が、井伊家再興にとって都合のいい家だった・・・ということでは?


スポンサーリンク

なぜ「おひよ」は松下と再婚したのか?

井伊直政こと、虎松が井伊谷を相続する出来ないまま、虎松は松下家の養子となってしまいました。

なぜ松下の養子になったのか?

虎松が、井伊谷相続を家康に認めてもらえなかったため、それを認めて貰うために、松下家は利用されたのでは?

松下家は家康の直臣。

ということは、家康に謁見する機会はいくらでもあったでしょう。

結果から見てみると、虎松は家康に謁見し、その場で「井伊万千代」という名前を与えられて、井伊家の後継者として認められています。

つまり、家康に「井伊家後継者」としてのお墨付きをもらうために、直臣・松下家の跡取り息子という立場を利用して、謁見した・・・・ということでは?

そのためには、もちろん下準備や家康への根回しが必要だったでしょう。

その根回し・下準備を松下清景がおこなっていたとしたら・・。

松下は、跡継ぎがおらず、井伊家にとっては「松下が欲しいものを、提供できる存在」だった・・・。

つまり「養子を都合することができる」と・・・・。

松下清景は、もしかすると松下の名声を利用させる代わりに、後継者を都合してもらうという「裏約束」を、井伊直虎としていたのかもしれませんね。

松下家は井伊家家臣「中野直之」の次男を養子とし、松下一定に家督を相続させています。

結果的に、井伊家と松下家は、助け合って、それぞれの家を存続しているのです。

松下家と松下清景のその後

松下家、そして松下清景は、その後どうなったのでしょうか?

1590年・秀吉による「小田原征伐」が終わると、家康は東海道から関東へ国替え。

井伊直政は、それまでの功績が認められて、井伊谷から上州(群馬県)箕輪城12万石の大名へと躍進しました。

松下清景も、井伊直政に同行して箕輪城に入城。

井伊家の家老を務めるまでになりました。

その後、松下家は井伊本家「彦根藩」の支藩「与坂藩(新潟県長岡市)」の重臣として代々仕えたそうです。

この「与坂藩」は、大老井伊直弼の四男「直安」の代まで続きました。

子供のなかった松下清景・・・義父として、直政の出世を見守るのは、幸せだったかもしれません。


井伊直政の家臣団一覧」について、以下のリンク記事で詳しく解説させていただいております。

↓↓↓↓↓

「井伊直政の家臣団名簿一覧!「井伊の赤鬼」が率いる赤備え軍団とは?」の記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

・井伊家と松下家には、何の関係もないが、井伊家再興のために松下家は利用された

・松下家も利用されることを承知で「おひよ」と再婚し、虎松こと直政を養子としたのではないか

・松下家はその後も、井伊家の重臣として仕え続けた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして誠にありがとうございました。

よろしければ、また当「レキシル」へお越しくださいませ。

ありがとうございました


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る