徳川家康と明智光秀の関係とは?光秀生存説と南光坊天海の噂

今回のテーマは「徳川家康」です。

 

この記事では「徳川家康」と「明智光秀」の「関係」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「家康と光秀」を、カンタンに理解できます。

 

「家康と光秀」は「織田家の同僚という関係」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「徳川家康」と「明智光秀」は、どういう関係なのか?

「徳川家康」と「明智光秀」は、ともに「織田信長」のもとで天下統一を目指して戦った同僚という関係だった

 

2,「明智光秀」の生存説とは?

本能寺の変」の直後に、「羽柴秀吉」との「山崎の戦い」で戦死したはずの「明智光秀」は、「南光坊天海」と名を変えて、「徳川家康」の参謀として生き延びたという説がある。

 

3,「徳川家康」と「明智光秀」が「豊臣家に復讐した」とは、どういうことなのか?

「徳川家康」と「明智光秀」こと「南光坊天海」は、【1615年】に「大坂夏の陣」で豊臣家を滅ぼしている。それは「徳川家康」からすれば、「織田家を乗っ取った秀吉への復讐」であり、「明智光秀」からすれば「山崎の戦いで一族を討たれた復讐」を果たしたことになる。

「徳川家康」と「明智光秀」の関係とは?二人は同僚だった

「徳川家康」と「明智光秀」は、「織田信長」のもとで、ともに天下統一のために戦った「同僚」です。

《徳川家康》
「引用元ウィキペディアより」

徳川家康は【1561年】の「清洲同盟」で、「織田信長」と対等な同盟を結んだ間柄でしたが、のちに「織田信長の部下」となっています。


光秀と家康が、とくに親しかったわけではありません。

ただ、二人は「本能寺の変」で「織田信長」が討たれる直前に、接点があるのです。

1582年】、「本能寺の変」が起こる直前、「徳川家康」は「安土城」の「織田信長」のもとを訪れ、接待を受けています。

その「接待の責任者」が「明智光秀」だったのです。

光秀はこの「徳川家康の接待役」を、「織田信長」の命令によって突然解任されています。

その直後、「本能寺の変」で「織田信長」を討ち果たした「明智光秀」は、「堺の町」を観光していた「徳川家康」を襲撃。

襲撃された「家康」は、「伊賀越え」と呼ばれる逃亡ルートを利用して、本国の「三河」へと帰還。

軍団を整えた「家康」は、「織田信長」の仇である「光秀」を討つために、三河から京都へ向けて進軍。

しかし、「家康」より先に「羽柴秀吉」が、「山崎の戦い」で「明智光秀」を撃破してしまったため、やむなく三河へ撤退。

つまり家康は「明智光秀」に殺されかけていた、というわけです。


「徳川家康」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「徳川家康についてわかりやすく簡単に解説!そもそも何をした人なの?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「明智光秀・生存説」と「南光坊天海」の逸話

「明智光秀」には、不思議な生存説があります。

本徳寺所蔵の明智光秀肖像:Wikipediaよりパブリックドメイン

1582年】、「本能寺の変」の11日後に「山崎の戦い」で戦死したはずの「明智光秀」。

そんな「明智光秀」が、「南光坊天海」と名を変えて、生き延びたというのです。

《南光坊天海》
「引用元ウィキペディアより」


「南光坊天海」とは、「徳川家康」につかえたブレーン、つまり「参謀」です。

「南光坊天海」は、三代将軍「徳川家光」の代まで仕えた人物。

「徳川家光」は「南光坊天海」をとても尊敬していたといわれています。

とはいえ、「南光坊天海」が「明智光秀」と同一人物であるという説は、あくまでも「噂」レベルのものです。

最近おこなわれた筆跡鑑定によると、「明智光秀」と「南光坊天海」は別人である可能性が高いといわれていました。

もし万が一、両者が同一人物であるならば、二人は協力して、「豊臣秀吉」がつくりあげた「豊臣家」へ復讐したとみることができるのです。


「徳川家光」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「徳川家光の性格や死因がコワすぎる!弟や妻への仕打ちがひどい」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「徳川家康」と「明智光秀」は、「豊臣家」に復讐した?

1598年】、天下人「豊臣秀吉」が死去します。

《豊臣秀吉》
「引用元ウィキペディアより」

1615年】、「大坂夏の陣」によって、秀吉の息子「豊臣秀頼」が戦死し、「豊臣家」が滅亡。

豊臣家は「秀吉」が亡くなった【17年後】に、滅ぼされたのです。


「豊臣家」を滅亡に追い込んだのは、「徳川家康」と、その参謀「南光坊天海」でした。

見方によれば、この「大坂夏の陣」による「豊臣家」滅亡は、「徳川家康」と「南光坊天海」による、「豊臣家への復讐」とみることもできるわけです。

「南光坊天海」が「明智光秀」であるとするならば、「山崎の戦い」で敗北し、一族を次々と死に追い込まれた復讐を果たした形になります。

また「徳川家康」からすれば、盟友「織田信長」がつくりあげた「織田家」を乗っ取り、没落させた「豊臣秀吉」への復讐という見方もできるのではないでしょうか。

とはいえ、「徳川家康」が「織田家」の復讐をしたというのなら、「織田信長」を討った「明智光秀」こそが、家康からすれば最も復讐しなくてはいけない相手であることが、少し気になりますが・・・。


「豊臣秀頼」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「豊臣秀頼の最後と発見された遺体!『生存説』と『天草四郎の父親説』」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「明智光秀」は「本能寺」で「徳川家康」を討つはずだった?

「明智光秀」の末裔で作家の「明智憲三郎」さんの書籍

「本能寺の変~431年目の真実~」

よると、「本能寺の変」のとき、明智光秀は「徳川家康」を討つはずだった、とのこと。

 

明智光秀は「織田信長」の命令によって、「本能寺」へおびき出された「徳川家康」に、「織田信長を襲撃した」という濡れ衣を着せて暗殺する予定だったというのです。


当時「徳川家康」は「織田信長」にとって、将来の禍根となりかねない勢力に成長しつつありました。

織田信長は、そんな徳川家康という禍根を断つために、一芝居うったわけです。

「本能寺の変」が起こった際、織田信長はわずか100名程度の護衛のみで、本能寺に滞在していました。

このとき「徳川家康」はというと、同じく少数の護衛をひきいて「堺の町」から機内を観光旅行中でした。

信長が少数の軍のみを率いていた理由は、「徳川家康から襲撃された」という言いがかりを家康になすりつけるため。

もしも信長が大軍団を率いていたら、家康が信長を襲撃するはずがありませんので、「家康に襲撃された」という言いがかりは通らなくなります。

「明智憲三郎」さんによれば、信長は「家康」を本能寺へと招き、そこを明智光秀の軍に襲撃させて、家康を倒す予定だったのだとか。

長年の同盟者であった「徳川家康」を討ち果たした「言い訳」は、「家康に暗殺されそうになったから、返り討ちにした」というもの。

ところが、「明智光秀」と「徳川家康」は、協力して「信長」の策略を逆手にとります。

少数の軍団で「本能寺」に滞在していた「織田信長」を、「明智光秀」の軍団が急襲したのです。

「余は自ら死を招いたな」

「明智憲三郎」さんによれば、これが「織田信長」が最期に口にした言葉だったといわれています。

信長は自らが張り巡らせた「策略」によって、かえって自らの死を招いてしまったのです。

とはいえこの説も、あくまでも数多くある「本能寺の変」の一説に過ぎないのかもしれません。

ただし、この「明智憲三郎」さんの説は、とてもおもしろい説であると、筆者は思っています。


「本能寺の変」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「徳川家康」と「明智光秀」は、ともに「織田信長」のもとで天下統一を目指して戦った同僚という関係だった

 

2,「本能寺の変」の直後に、「羽柴秀吉」との「山崎の戦い」で戦死したはずの「明智光秀」は、「南光坊天海」と名を変えて、「徳川家康」の参謀として生き延びたという説がある。

 

3,「徳川家康」と「明智光秀」こと「南光坊天海」は、【1615年】に「大坂夏の陣」で豊臣家を滅ぼしている。それは「徳川家康」からすれば、「織田家を乗っ取った秀吉への復讐」であり、「明智光秀」からすれば「山崎の戦いで一族を討たれた復讐」を果たしたことになる。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『徳川家康』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。

『明智光秀』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


明智光秀の子孫を家系図でわかりやすく解説!現在の天皇は光秀の末裔」の記事はコチラ

【明智光秀とは】何した人なの?世界一わかりやすく解説してみた」の記事はコチラ

明智光秀の生涯年表を簡単に紹介!謎に満ちた光秀の前半生を考察」の記事はコチラ

明智光秀はなぜ織田信長を裏切った?最新説『徳川家康の陰謀』を考察」の記事はコチラ

明智光秀の墓所を地図付きでご案内!京都・高野山の墓はニセモノ?」の記事はコチラ

明智光秀の家臣団を一覧紹介!山崎の戦いで敗北した最強明智軍の敗因」の記事はコチラ

明智光秀の性格は優しくて誠実?どんな人かをエピソードつきで解説』の記事はコチラ

明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

明智光秀にまつわる四字熟語と辞世の句!意味を分かりやすく解説!」の記事はコチラ

明智光秀の最後の地と日付!人質となり死んだ母親の命日に信長殺害?」の記事はコチラ

本能寺の変は新暦の日にちでいつ?明智光秀がこの日にした理由に驚愕」の記事はコチラ

明智光秀の死因は何?本能寺の変を起こした動機・理由や真実を解説!」の記事はコチラ

明智光秀の家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由」の記事はコチラ

明智光秀と天海の同一人物説を検証!光秀は天海となり豊臣家へ復讐?』 の記事はコチラ

明智光秀ゆかりの城を一覧で紹介!幻の居城・坂本城の現在とは?』 の記事はコチラ

『明智光秀』ゆかりの地を一気に紹介!京都・岐阜周辺の地まとめ』 の記事はコチラ

明智光秀と妻・煕子の生涯!「あばた顔」と「髪」の逸話がカッコいい』 の記事はコチラ

明智光秀の娘「細川ガラシャ」を徹底解説!子孫は天皇陛下と総理大臣』 の記事はコチラ

明智光秀の娘達の生涯!長女「りん」三女「ガラシャ」を襲った悲劇』 の記事はコチラ

明智光秀の子供達を一覧解説!本能寺の変の後子供達はどうなった?』 の記事はコチラ

坂本龍馬が明智光秀の子孫説を検証!2人は似たような業績を残してる」の記事はコチラ

『クリス・ペプラー』が明智光秀の子孫?本当に末裔なのかを調査してみた』 の記事はコチラ

 明智光秀と濃姫はどういう関係?細川藤孝や長宗我部元親との関係も解説』 の記事はコチラ

明智光秀の肖像画に秘められた逸話とは?光秀の銅像についてもご紹介』の記事はコチラ

明智光秀が使った名前をすべて解説!本名は明智ではなく土岐だった?』の記事はコチラ

明智光秀の刀・甲冑を紹介!愛刀「備前長船近景」は今どこにあるの?』の記事はコチラ

【明智光秀】と細川藤孝・足利義昭の関係!黒田官兵衛との因縁とは?』の記事はコチラ

明智光秀が天下統一できなかった理由とは?織田信長が最期にしかけた罠』の記事はコチラ

明智光秀の戦い一覧ですべて解説!長良川の戦いから山崎の戦いまで』の記事はコチラ

明智光秀の領地と石高をカンタン解説!動員兵力は2万人で重税だった』の記事はコチラ

明智光秀と細川藤孝の関係をカンタンに説明!藤孝は光秀を恨んでいた』の記事はコチラ

【細川藤孝】本能寺の変で明智光秀を見捨てた理由!実は秘策があった』の記事はコチラ

【細川藤孝】明智光秀からの手紙に【本能寺の変】の動機が書かれていた』の記事はコチラ

明智光秀の生い立ちや経歴・プロフィールを解説!若い頃は何してた?』の記事はコチラ

【本能寺の変】その後を解説!明智光秀が死ぬまでに何があったのか?』の記事はコチラ

明智光秀の死因と最後の様子とは?最後の言葉と終焉の地を地図で紹介』の記事はコチラ

本能寺の変は新暦の日にちでいつ?明智光秀がこの日にした理由に驚愕』の記事はコチラ

斎藤義龍(高政)と明智光秀はどういう関係?2人は親友同士だったのか』の記事はコチラ

明智光安の全てを徹底解説!明智光秀との関係や逸話・最期を完全網羅』の記事はコチラ

明智秀満のすべてを徹底解説!子孫・家系図や甲冑の行方まで完全網羅』の記事はコチラ

足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ

足利義輝のすべてを徹底解説!剣豪将軍の最期や愛刀・名刀を完全網羅』の記事はコチラ

朝倉義景のすべてを徹底解説!子孫や家紋・明智光秀との関係をご紹介』の記事はコチラ

近衛前久の全てを徹底解説![明智光秀]や[本能寺の変]との関係とは』の記事はコチラ

細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介』の記事はコチラ

斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ

松永久秀のすべてを徹底解説!子孫・家系図や家紋に茶器まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤利三の全てを徹底解説!子孫・家系図や春日局との関係も完全網羅』の記事はコチラ

藤田伝五の全てを徹底解説!別名・伝五郎行政の逸話や最期を完全網羅』の記事はコチラ

三淵藤英の全てを徹底解説!なぜ自害したのかその理由などを完全網羅』の記事はコチラ

お市の方のすべてを徹底解説!家系図や[織田信長]との関係を完全網羅』の記事はコチラ

【本能寺の変】謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

本能寺の変とは何かについてその概要を世界一詳しくわかりやすく説明』 の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る