織田信長の「美濃攻略」を年表で解説!美濃攻めにおける意外な戦略とは

この記事では「織田信長」の「美濃攻略戦」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長が、どのようにして美濃攻めを成功させたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「用意周到に、慎重に美濃攻めをすすめ、ゆっくりと勝利を手に入れていった」のです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」は、なぜ「美濃国の攻略」を開始したのか?

1556年】に「長良川の戦い」で敗死した義父「斎藤道三」が、「織田信長」にたいして、「美濃国をゆずる」という遺言状を残していたため

 

2,「信長」の「美濃攻略」は、いつ始まり、いつ終わったのか?

1561年】、美濃国の支配者「斎藤義龍」が病死すると、信長は「美濃攻略」を開始し、【1567年】に「稲葉山城」を陥落させて、美濃国の制圧することに成功した

 

3,「美濃攻略」は、どのように進んだのか?

信長はまず「外交戦略」で「美濃・斎藤家」を孤立させ、次に「内部分裂」を起こさせて裏切り者を出させたあとで開戦し、勝利している。

織田信長が「美濃攻略」にこだわった理由!義父「斎藤道三」の遺言状

織田信長が、自分の領地「尾張国」のとなりにある「美濃国」の攻略を開始し、7年もかけたのは、なぜなのでしょうか?

実は、信長が「美濃国」の攻略にこだわった理由があるのです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

その理由とは、妻「帰蝶(濃姫)」の父「斎藤道三」からの遺言があったからです。


1556年】、「斎藤道三」は「長良川の戦い」で敗北し、息子「斎藤義龍」に討たれています。

信長の義父「斎藤道三」は、死の間際に、一つの遺言状を残しているのです。

「娘婿である織田信長に、美濃国をゆずる」

という、通称「国譲り状」が、現在も残っています。(大阪城天守閣・京都の妙覚寺に現存している)

信長は、この「斎藤道三」からの「国譲り状」があったからこそ、「美濃国」攻略を最優先におこなったのです。


「斎藤道三の最期」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【斎藤道三】死因と最後の様子が壮絶!織田信長に託した遺言状とは」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長の「美濃攻め」を年表で解説!

「織田信長」の「美濃攻略」を、年表でわかりやすく解説いたします。

信長が「美濃攻め」を本格的に開始したのは【1561年】からです。

信長は【1561年】から【1567年】までの7年間をかけて、美濃国を攻略しているのです。


1560年

「桶狭間の戦い」で「今川義元」を討伐

 

1561年

斎藤道三を討ち果たした「帰蝶」の兄「斎藤義龍」が病死。嫡子「斎藤龍興」が家督を継承

「義龍」が病死すると、「信長」は美濃国へ侵攻し、勝利。(森部の戦い)

「墨俣」へ砦をつくり、ここを「美濃攻略」の前線基地とする。(墨俣城は【1566年】に築城されたともいわれているが、【1561年】に信長は墨俣に陣取っている)

 

1562年

三河国の「松平元康(徳川家康)」と「清洲同盟」を結び、「今川氏真」から背後を攻撃される危険性を除く

 

1563年

「新加納の戦い」で「斎藤龍興」に敗北する。

「小牧山城」を築城し、「清州城」から拠点を移動する

 

1564年

美濃国の西に位置する「南近江国」の武将「浅井長政」と同盟を結び、妹「お市の方」を嫁がせる(婚姻は【1567年】または【1568年】とする説もある)

美濃国の東に位置する「信濃国」を支配していた「武田信玄」とも、婚姻関係を結んで同盟を締結する。

「斎藤龍興」が、家臣の「竹中半兵衛重治」と「安藤守就」に裏切られ、居城「稲葉山城」を奪われる。

半年後、「斎藤龍興」が「稲葉山城」を奪還。

 

1565年

尾張国「犬山城」の城主で、「斎藤家」に味方していた「織田信清」に勝利。

これにより「尾張国」統一に成功。

美濃国「鵜沼城(うぬまじょう)」と「猿喰城(さるばみじょう)」を陥落させる。

加治田城の城主「佐藤忠能」が、斎藤家から「織田信長」に寝返る。

「堂洞城(どうぼらじょう)」、「関城」を陥落させる。

 

1566年

「河野島の戦い」で「織田信長」が「斎藤龍興」に敗北する

 

1567年

「稲葉山城の戦い」、「西美濃三人衆」と呼ばれた「稲葉良通」「安藤守就」「氏家直元」が信長に寝返り、稲葉山城が陥落する。

「斎藤龍興」は城の目の前にあった「長良川」を下って、「伊勢国」の「長島」へ逃亡。

信長はこの「稲葉山城」を居城とし、軍師「沢彦宗恩」の案に従って「岐阜城」と改名した。


「斎藤義龍」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説」の記事はコチラ


スポンサーリンク

短期決戦ではなく、ジワジワ外堀を埋め続けた「信長の戦略」

織田信長といえば、「気が短い」、「虐殺もためらわない」、「恐怖の魔王」というイメージがあると思います。

とにかく「スピード重視」。「桶狭間の戦い」のように、敵総大将の首だけを目標に、一瞬で勝敗を決するような人物だと思われがちです。

しかし「美濃攻略」に関して、信長はとてつもなく慎重で、用意周到です。


まず信長は、「外交戦略」を駆使して、味方を増やし、「美濃国・斎藤龍興」を孤立させています。

尾張国からみると「美濃国」の反対側に位置していた「三河国・徳川家康」と同盟を結んで、防備を強化。

美濃国のとなりに位置していた「南近江国・浅井長政」と「信濃国・武田信玄」と同盟を締結し、美濃国を包囲。

そして「敵から裏切り者を出させるため」に、内部分裂の策略を次々と繰り出ししています。

信長は「桶狭間の戦い」で、総大将「今川義元」の首だけを狙って、一瞬で戦いを終わらせています。

そのため、「短期決戦が得意である」と思われがちです。

しかし実際には、信長は用意周到で慎重、用心深い戦い方を実践しています。

  1. 外堀を埋める
  2. 裏切り者を出させる
  3. 勝利が決定的になってから戦いを始める

この順番で、確実に相手を弱らせています。

それでも「美濃国攻略」には、「7年」もの歳月がかかっているのです。

信長は「美濃攻め」においては、「外堀を埋める」という戦い方を採用し、被害を最小限に抑えて勝利しています。


「桶狭間の戦い」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕」の記事はコチラ


スポンサーリンク

美濃国を制圧した後、一気に飛躍した「織田信長」のその後

1567年】、「美濃国」を支配したあとの「織田信長」は、それまでの慎重な戦い方から一転して、一気に勢力拡大に動き出します。

1568年】、信長は「永禄の変」で暗殺された征夷大将軍「足利義輝」の弟である「足利義昭」を連れて、「義輝の仇討ち」という名目で京都へ進軍(上洛)。

「義輝」を暗殺した仇である「三好三人衆」を京都から追放し、京都周辺を一気に支配下におくのです。

ここから、信長は天下統一へ飛躍することとなるのです。


信長はまず、当時最大の商業都市であり貿易都市だった「堺」や、水運の中心地「大津」「草津」を直接支配し、圧倒的な財力を手に入れます。

この財力を駆使して、信長は「物量作戦」を開始。

凄まじい数の軍団を組織して、「鉄砲」や「大砲」、「鉄甲船」などの最新兵器で他国を圧倒。

1582年】には、その勢力範囲を、わずか14年間で、「中国地方」から「関東地方」にまで拡大するのです。

1582年6月21日(天正10年6月2日)】、織田信長は、もっとも信頼していた部下「明智光秀」に裏切られ「本能寺」で戦死。(本能寺の変)

あと2~3年もあれば、天下統一に成功していたはずの「信長」。

本当にあと一歩のところで、命を落としたのです。


「織田信長の年表」については、以下のリンク記事をどうぞ。

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」が美濃攻略にこだわった理由は、【1556年】に「長良川の戦い」で敗死した義父「斎藤道三」が、「織田信長」にたいして、「美濃国をゆずる」という遺言状を残していたため

 

2,「信長」の「美濃攻略」は、【1561年】、美濃国の支配者「斎藤義龍」が病死すると同時に始まり、【1567年】に「稲葉山城」を陥落させて終了した

 

3,信長はまず「外交戦略」で「美濃・斎藤家」を孤立させ、次に「内部分裂」を起こさせて裏切り者を出させたあとで開戦し、勝利している。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る