織田信長の築城の歴史!信長が【建てた城・作った城】とその目的とは

この記事では「織田信長が築城したお城」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長が作った城」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「小牧山城」「二条城」「安土城」などの城を建てているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」が作った城とは?

信長は「小牧山城」「二条城」「安土城」などの城を建てている

 

2,信長が「小牧山城」「二条城」「安土城」を作った目的とは何か?

「小牧山城」は「美濃攻略のための最前線基地」として築城。「二条城」は「足利義昭」を守るために建築。「安土城」は「上杉謙信」を迎撃するために作ったと考えられる

 

3,「大阪城」と「織田信長」の関係とは?

信長は「大阪城」が建てられている「石山」という地を重要視しており、「石山」を占領していた「本願寺顕如」を追い出して、その場所に「大阪城」をつくろうとしていた

「織田信長」が作った城を一覧でまとめて解説

「織田信長」がその生涯に建てた城は、無数にあります。

しかし、それらの代表的なお城は、主に「3つ」に絞れると思います。

その「信長が建てた代表的な3つの城」とは、以下の3つです。

  1. 「小牧山城」
  2. 「二条城」
  3. 「安土城」

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

詳しくは後述致しますが、それぞれの城がつくられた「目的」をカンタンに解説いたします。


「小牧山城」は、織田信長が「美濃・攻略」のために建てた前線基地

「二条城」は、信長が征夷大将軍「足利義昭」を守るために作った京都の将軍の住まい

「安土城」は、信長が最期につくった拠点であり、完成からわずか数年で焼失した幻の城

ちなみに、信長は生涯において「6つ」の城を「居城」として使っていました。

その「6つの居城」とは

  1. 生誕の地「勝幡城(しょばたじょう)」
  2. 現在の名古屋城の前身「那古野城」
  3. 信長の死後に清須会議が開かれた「清州城」
  4. 美濃国攻略のためにつくられた「小牧山城」
  5. 信長の義父・斎藤道三の居城だった「岐阜城」
  6. 琵琶湖畔に建てられていた幻の居城「安土城」

信長はこれら6つの城を居城として利用していました。

その内「勝幡城」「那古野城」「清州城」「岐阜城」は、信長が建てたものではありません。

余談ですが、信長が元服(成人式)した「古渡城」は、信長の父「織田信秀」の居城として有名です。


「名古屋城」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

「織田信長の出身地は名古屋城ではない?生まれた場所がどこなのか解説」の記事はコチラ

「名古屋城を作った人は誰?歴代城主と、城に秘められた歴史の皮肉とは」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長が最初に作った城「小牧山城」

1563年】、「織田信長」は、それまでの居城「清洲城」から「小牧山城」へと拠点を移しています。

このとき信長は、隣りの「美濃国」を攻めていました。

「小牧山城」は、清洲城よりも「美濃国」へ近かったため、「美濃攻略」の最前線基地として利用されたのです。

実はこの「小牧山城」こそが、織田信長が本格的に作った最初のお城です。


小牧山城は、当時最先端の技術を駆使した石垣が築かれており、防御施設として優れていました。

さらに、近年では「小牧山城」という城は、「上洛」すなわち「京都へ進軍」するための基地としてつくったという説があります。

信長は「兵農分離」、つまりそれまでの常識であった「半兵半農」の軍をつかわず、「戦い専門の傭兵集団」を組織した人として有名です。

「小牧山城」の城下町には、その「戦い専門の武士」たちを住まわせていたことがわかっています。

信長はこの「小牧山城」から「京都」を目指したと考えられます。

しかし【1567年】、織田信長は長年の宿敵「斎藤龍興」を倒して、「稲葉山城」を奪い、「岐阜城」と改名してそこへ拠点を移しています。

「小牧山城」はわずか4年で、「岐阜城」へとその役割を奪われ、廃れていったのです。


「岐阜城」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

「【斎藤道三と岐阜城】道三の居城「稲葉山城」と徳川家康の恐怖」の記事はコチラ


スポンサーリンク

「足利義昭」のために建てた城「二条城」

1569年】、「織田信長」は征夷大将軍「足利義昭」を守るため、京都に「二条城」建設しています。

「二条城」は、信長自身が住むためにつくった城ではなく、「足利義昭」を住まわせるための城だったのです。


実は「足利義昭」、【1568年】に「京都」を占領して以来、「本圀寺(ほんこくじ)」というお寺を拠点としていました。

その「本圀寺」というお寺が、「三好三人衆」や「斎藤龍興」に襲われ、危うく命を落としそうになる事件が起こったのです。(本圀寺の変)

そのため信長は、「足利義昭」を守るための防御施設を必要としたのです。

それが「二条城」です。

この信長が建てた「二条城」は、【1573年】に足利義昭が織田信長に追放されると、取り壊されて「安土城」築城のための材料となったと言われています。

現在の「二条城」は、「徳川家康」が作ったものであり、織田信長がつくった「二条城」とは無関係なのです。

余談ですが、信長が「二条城」を自ら建築していた【1569年】、宣教師「ルイス・フロイス」がこの「二条城の建築現場」へ信長を尋ねているのです。

そのとき「ルイス・フロイス」は、恐ろしいものを目撃したと言われています。

一般人の女性にいたずらを繰り返した織田軍兵士を、「織田信長」が惨殺した瞬間を目撃したのだとか。

「ルイス・フロイス」は、この光景に衝撃を受けたらしく、記録を残しています。


「足利義昭」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

「足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅」の記事はコチラ


スポンサーリンク

最期に築城した幻の名城「安土城」!実は「軍神」と戦うための城だった

1576年】、「織田信長」は、琵琶湖畔の「安土山」という山に「安土城」という城を建築し始めます。

この「安土城」こそ、信長がつくった最期の居城です。

「安土城」は、東海道・北陸道・京都・堺・敦賀・岐阜などの大きな街道や拠点に近く、琵琶湖の水運を利用できたため、まさに人が集まる重要な地点だったのです。

実はこの「安土城」は、信長がもっとも恐れた軍神「上杉謙信」を迎撃するための基地だったと考えられています。


越後(新潟県)の「上杉謙信」が、もしも京都を目指して進軍してきたら、この「安土」を通るはずでした。

上杉謙信が京都を目指す場合、考えられるルートは2つありました。

琵琶湖の西を通る「湖西ルート」と、東を通る「湖東ルート」です。

「湖西ルート」は整備がされておらず、大軍団は通れなかったので、信長からすれば守りやすかったはずです。

しかし「湖東ルート」は「羽柴秀吉」が守る「長浜城」があるだけで、防御が手薄だったのです。

そこで信長は「安土城」を作って、城攻めが苦手な「上杉謙信」を相手に、籠城して持久戦ができるようにしたのです。

謙信の拠点である「越後・春日山城」は、雪が降ると帰れなくなる豪雪地帯にあったため、信長が冬まで籠城すれば、謙信軍は帰郷する可能性が高かったわけです(謙信は「北条氏康・氏政との戦い」では、越冬して関東へ進軍していた。ところが謙信にそれ以上の長期遠征は難しかったため、やはり安土城攻略は難しかったと考えられる)

「安土城」は、その壮大さから「信長が天皇を超えるために作った城」と言われていますが、信長に天皇を超えようとした事実はなく、あくまでも「安土城」は「上杉謙信」迎撃用の城であると、筆者は考えています。


「上杉謙信」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

「【上杉謙信】強さの秘密を逸話・エピソードで解説!世界史上最強か?」の記事はコチラ


スポンサーリンク

信長が建てるはずだった城「大坂城」と「千貫矢倉」

織田信長は、「大坂」に「城」を作るつもりだったといわれています。

つまり「信長流の大坂城」です。

1570年】、織田信長は摂津国「石山」という場所に本拠地を構えていた「一向宗」のトップ「本願寺顕如」に対して、「石山本願寺から退去せよ」と通告しています。

これが「10年」におよぶ「石山戦争」の始まり。

なぜ信長は、強敵「一向宗」に対して、「石山から出ていけ」などと言ったのでしょうか?


全面戦争となるリスクを背負ってまで、「一向宗」にケンカをふっかけた理由は、何だったのでしょうか?

実は「信長」は、「石山」という地を、とても重要視していたのです。

この「石山」という場所には、のちに「豊臣秀吉」が「大坂城」を作っています。

つまり現在の「大阪城」がある場所が、「石山本願寺」だったのです。

この「石山」という場所は、「瀬戸内海」という巨大な海路で西日本とつながっており、「淀川」の水運も利用できるうえに、「京都」や「堺」という大都市と近かったのです。

つまり「大坂」は、当時の日本において、中心地にふさわしい場所だったというわけです。

信長はこの「石山(大坂)」をとても高く評価しており、のちに城を作る予定だったといわれています。

しかしその前に、織田信長は「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれてしまったため、「信長の大坂城」は幻に終わりました。

ただ、信長は「石山(大坂)」の地に「千貫矢倉」という巨大な「物見やぐら」をつくっていたらしく、弟「織田信勝」の息子「津田信澄」に守らせていました。

もしも「本能寺の変」が起こらなかったら、信長は「大坂城」をつくって、「安土城」から拠点を移動していたかもしれません。


「大阪城」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

「大阪城を作った人は誰?江戸時代の歴代城主もわかりやすく解説」の記事はコチラ

「織田信長と大阪城の意外な関係!信長は大坂に居城をつくる予定だった」の記事はコチラ


スポンサーリンク

まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長は「小牧山城」「二条城」「安土城」などの城を建てている

 

2,「小牧山城」は「美濃攻略のための最前線基地」として築城。「二条城」は「足利義昭」を守るために建築。「安土城」は「上杉謙信」を迎撃するために作ったと考えられる

 

3,信長は「大阪城」が建てられている「石山」という地を重要視しており、「石山」を占領していた「本願寺顕如」を追い出して、その場所に「大阪城」をつくろうとしていた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク

『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る