織田信長の【生涯】が3分で理解できる!短くわかりやすく超簡単解説

この記事では「織田信長の生涯」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長の生涯」を、「3分」でカンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「天下統一」まであと一歩のところで、「明智光秀」に討たれて命を落とすことになるのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」は、いつどこで生まれたのか?

「信長」は【1534年】に「尾張国」で、武将「織田信秀」の三男として誕生した

 

2,家督継承後の織田信長、最大の試練「桶狭間の戦い」とは

「織田信長」は、当時の日本屈指の名将で大勢力をひきいていた「今川義元」を、【1560年】の「桶狭間の戦い」で討ち取った

 

3,「織田信長」の最期とは?

「信長」は【1582年】に「本能寺の変」で、重臣「明智光秀」に裏切られて亡くなった

「織田信長」の生涯【誕生】

戦国の覇者「織田信長」は、【1534年】に尾張国(愛知県西部)の戦国武将「織田信秀」の三男として誕生します。

 

母は「土田御前」。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

尾張という国は、尾張国の守護である「斯波家」が支配し、その部下にあたる2つの守護代「織田伊勢守家」と「織田大和守家」が力を持っていました。

 

信長が生まれた家は、守護代「織田大和守家」の部下にあたる「三奉行」の1つで、決して高くない身分の家柄でした。

 

しかし織田信長の父「信秀」は、その才覚で「織田弾正忠家」を、尾張国一の勢力に強化することに成功。

 

息子「信長」も、父のやり方を学んで、織田家をさらに飛躍させることに成功するのです。

 

「織田信長が天下統一まで勢力拡大させたやり方」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長が天下統一事業に成功した理由!統一までの流れを年表で解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「織田家の家督継承」~「桶狭間の戦い」

1552】、信長の父「信秀」が病死。信長が織田家の家督を引き継ぎます、

 

信長は守護代「織田大和守家」や「織田伊勢守家」、守護「斯波家」に弟「織田信勝」を次々撃破し、尾張のほとんどを征服することに成功します。

 

1560年】、織田信長は、日本屈指の大勢力をひきいた「今川義元」を「桶狭間の戦い」で奇跡的に討ち取り、勝利を手に入れたのです。

 

尾張国をほぼ統一し、最大の脅威「今川義元」を撃破した信長は、隣国である三河の武将「徳川家康」と「清州同盟」という軍事同盟を結び、「今川義元」の息子「今川氏真」から攻め込まれる危険性を排除。

 

そうすることで、信長はついに「尾張国」から外の国への攻撃を開始します。

 

尾張国の隣、美濃国の支配者「斎藤義龍」との戦いに挑むこととなります。

 

「桶狭間の戦い」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【桶狭間の戦いとは】簡単にわかりやすく解説!隠されていた真実に驚愕』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「美濃国・征服」~「上洛(京都制圧)」

1567年】、「桶狭間の戦い」から7年の歳月をかけ、信長は「美濃国・稲葉山城」を攻略。

 

「稲葉山城」を「岐阜城」と改名して、拠点とします。

 

ある日、「美濃」攻略を終えた信長のもとへ、「明智光秀」という武将が訪ねてきます。

 

1565年】に暗殺された征夷大将軍「足利義輝」の弟「足利義昭」を助けてほしいと訴えてきたのです。

 

「明智光秀」と「足利義昭」は、「織田信長」に対して、「義昭の兄・足利義輝の仇『三好三人衆』を討つために、京都へ進軍(上洛)して、戦ってほしい」と要請したのでした。

 

これを受け入れた織田信長は、「足利義昭」をつれて京都を制圧。

 

「三好三人衆」を京都から追い出し、ついには「足利義昭」を「室町幕府15代征夷大将軍」に就任させることに成功します。

 

「足利義昭」をまつりあげた信長は、京都という「日本の中心」を制圧し、一気に勢力を拡大させることとなります。

 

「足利義昭」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『足利義昭の全てを徹底解説!織田信長・明智光秀との関係や子孫も網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「義弟・浅井長政の裏切り」~「武田信玄の死」

「足利義昭」は「征夷大将軍」に就任すると、メチャクチャな政治を行い始め、信長との関係が、徐々に悪化していきます。

 

1570年】、信長は越前国の武将「朝倉義景」を攻撃。

 

このとき、信長は妹「お市の方」の夫で、同盟者であった「浅井長政」に裏切られ惨敗します。(金ヶ崎の退き口)

 

同年、信長は「姉川の戦い」で「浅井・朝倉連合軍」を撃破して、復讐に成功。

 

敗北した「浅井長政」と「朝倉義景」は、「比叡山延暦寺」や「石山本願寺」、さらには猛将「武田信玄」を味方につけて「織田信長」に対抗。

 

特に「石山本願寺」と「織田信長」の戦いは、10年も続く「石山戦争」の始まりでした。


スポンサーリンク


1571年】、信長は「比叡山焼き討ち」を強行。

 

1573年】には、織田信長を攻撃してきた「武田信玄」が、戦いの最中に病死。

 

同年、信長は「朝倉義景」と義弟「浅井長政」の両者を自害させ、勝利。

 

さらに「槇島城の戦い」で、自分に戦いを挑んできた征夷大将軍「足利義昭」を撃破し、「義昭」を京都から追放。

 

1336年】に「足利尊氏」が開いた「室町幕府」は、【1573年】に「織田信長」の手によって、【237年】の後に滅亡することとなったのです。

 

「室町幕府」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『室町幕府を開いた人は誰?そして滅ぼした人は誰なのかカンタン解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「長篠の戦い」~「本能寺の変」

1575年】、病死した「武田信玄」の息子「武田勝頼」が、戦国最強と呼ばれた「武田騎馬軍団」をひきいて、「織田信長」と激突。

 

「長篠の戦い」とよばれたこの戦いで、信長は「武田騎馬軍団」を完膚なきまでに撃破。

 

1576年】、近江国に「安土城」の築城を開始。

 

1578年】、「武田信玄」と並んで信長を恐れさせた軍神「上杉謙信」が病死。

 

1580年】、「石山本願寺」のトップ「本願寺顕如(ほんがんじ けんにょ)」が、織田信長に降伏し、10年続いた「石山戦争」が終結。

 

1582年】、「甲州征伐」によって、長く信長を苦しめた猛将「武田勝頼」が自害し、名門「武田家」が滅亡。

 

同年6月、少数の部隊だけをつれて京都「本能寺」に宿泊した「織田信長」は、一番信頼していた部下「明智光秀」に裏切られて命を落とします。

 

本能寺の変」です。

 

武田家を滅ぼし、関東地方の覇者「北条氏政」と、九州南部を制圧していた「島津義久」を従えていた「織田信長」。

 

天下統一まであと一歩のところで、命を落とすこととなるのです。

 

信長の死後の織田家は、「明智光秀」を討ち果たした「羽柴秀吉(豊臣秀吉)」に事実上のっとられます。

 

1590年】、信長の死後「8年後」に、豊臣秀吉は「北条氏政」や「伊達政宗」を屈服させて、「天下統一」に成功するのです。

 

「本能寺の変」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

 

「織田信長のもっとくわしい生涯年表」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」」は【1534年】に「尾張国」で、武将「織田信秀」の三男として誕生した

 

2,「織田信長」は、当時の日本屈指の名将で大勢力をひきいていた「今川義元」を、【1560年】の「桶狭間の戦い」で討ち取った

 

3,「織田信長」は【1582年】に「本能寺の変」で、重臣「明智光秀」に裏切られて亡くなった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る