織田信長の経済政策をカンタン解説!「規制緩和」で大金持ちになった

この記事では「織田信長の経済政策」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「信長が、どのような経済政策をとっていたのか」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は、今でいうところの「規制緩和」を積極的に行うことにより、「天下統一」へ飛躍することができたのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」が行なった「経済政策」とは?

「織田信長」は「楽市楽座」や「関所撤廃」によって、経済を活性化させ、民衆を豊かにした

 

2,「楽市楽座」と「関所撤廃」の効果とは?

「楽市楽座」は、今でいうところの「規制緩和」。「関所撤廃」は「物流活性化(物流コスト削減)」にあたり、結果として、「物」や「お金」の交流が盛んとなり、人々は豊かになっていった

 

3,「経済政策」によって民衆が潤った結果、何が起こった?

結果として、信長自身も豊かになった。信長は手に入れた莫大な資金で、巨大な「軍団」を組織し、鉄砲などの「最新兵器」を装備させ、「天下統一」へ向けて飛躍していった

織田信長の「経済政策」をザッと解説!

戦国時代の覇者「織田信長」は、戦国武将の中では珍しく、「経済」を重視した人でした。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

織田信長の「経済政策」でもっとも有名なものと言えば「楽市楽座」でしょう。

 

その他にも「関所撤廃」や「道路拡張」などをやっています。

 

信長はこれらの「経済政策」を行うことによって、「商業」を発展させ、人々が商売をしやすくしたのです。

 

結果として、民衆はお金持ちになることができ、生活は豊かになったと考えられます。


スポンサーリンク


「楽市楽座」と「関所撤廃」の効果とは?

信長の政策「楽市楽座」と「関所撤廃」は、どのような効果をあげたのでしょうか?

 

「楽市楽座」とは、「誰でも市場でお店を出して、自由に商売してよい」というものです。

 

それと同時に「楽市楽座」では、「彼ら以外は商売してはいけない」とされた「座(ざ)」と呼ばれる「特権階級」を認めなかったのです。

 

これにより、「誰でもお店を出して商売できるようになった」わけですね。

 

さらに信長は「関所撤廃」を行なっています。

 

当時、関所は各地に無数にあり、通行税を徴収していました。

 

場所によっては「100か所」近い関所を超えないと、隣の国へいけなかったのです。

 

この「通行税」が、商人によって売り出される「商品の価格」に上乗せされたため、物の値段が高くて、だれも買えなかったし、売れなかったのです。

 

織田信長は、この「関所」を次々と撤廃し、物の値段を下げることに成功します


スポンサーリンク


「関所撤廃」で「物の値段が下がった」ことにより、「売る方」も物が飛ぶように売れるようになり、「買う方」も安く買えるようになった、というわけです。

 

信長は、「楽市楽座」で「誰もが商売できる」ようにし、「関所撤廃」で「物がよく売れて、よく買えるようにした」のです。

 

そうすることで、誰もが「お金」を稼ぎやすくなり、さらに「物を買いやすくなった」ということです。

 

「お金」と「物」が豊かになったことで、信長の支配地域とその領民は潤ったのです。

 

「二宮金次郎」という人をご存知でしょうか?

 

江戸時代末期に「農業改革」を行なった偉人です。

 

「二宮金次郎」の逸話に

「税率を低くすれば、農民が得をして潤い、その結果、役人が集める税収が増える」

と考えていたそうです。

「国を富ますならば、まず民を富ますべし」

というわけです。

 

詳しくは後述しますが、民を富ませることに成功した「織田信長」は、信長自身を富ませることにも成功することとなります。

 

そして、凄まじい勢いで「天下統一」へと突き進むことが、できるようになるのです。

 

「楽市楽座」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【織田信長】楽市楽座とは何か?その目的・効果を世界一カンタン解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長は「規制緩和」で、民をお金持ちにした!

織田信長が行なった「楽市楽座」は、今で言うなら「規制緩和」にあたります。

 

『規制』、つまりそれまでの「ルール」を『緩和』、つまりゆるくして、誰でも商売(起業)しやすくした、というわけですね。

 

さらに信長は、「道路整備」や「道路拡張」にも力を注いでいます。

 

「道路」を通りやすくすることで、人や馬・馬車などが通りやすくなり、物が流通しやすくなります。

 

すばやく物が届くようになったということです。

 

「道路整備」により、人々はすばやく物を売ることができ、さらにお金を稼ぐことができるようになりました。

 

信長は、「楽市楽座」という「規制緩和」と、「道路整備」という「物流活性化」によって、民衆を「お金持ち」にしていった、というわけです。


スポンサーリンク


「経済政策」によって手に入れたお金で、信長の軍団は「戦国最強」になった!

「織田信長」の経済政策によって得したのは、民衆や商人だけではありません。

 

信長自身も得をしたのです。

 

信長は「商業振興策」で生まれた、これらの利益を利用して、「日本で最強の軍団」を組織したのです。

 

信長は、「堺」や「大津」そして「草津」などの「商業都市」を、直接自分で支配しました。

 

そしてそこに住む「商人」たちから、多額の「軍資金」を献上させたのです。

 

たとえば、当時日本最大の商業都市「堺」から信長は、「2万貫」という巨額の「軍資金」を献上させています。

 

「2万貫」とは、現在の価値でいえば「約30億円」にあたります。(1貫=15万円)

 

信長は豊かになった「商人」から、次々と「軍資金」を出させ、巨額の金を手に入れます。

 

 

そうして手に入れたお金で「傭兵(足軽)」を次々と雇って大軍団を組織します。

 

さらに「鉄砲」や「鉄甲船」などの最新兵器を用意して、自らの軍団を「最強の軍団」につくりかえたのでした。

 

長篠の戦い」をご存知でしょうか?

 

1575年】、「織田信長」は、「戦国最強」と呼ばれた「武田騎馬軍団」をひきいる「武田勝頼」と、この「長篠の戦い」で激突します。

 

結果、「武田勝頼」ひきいた「武田騎馬軍団」は、「織田信長」がひきいる「鉄砲隊」の前に、手も足も出ないままに惨敗したのです。

 

このとき「織田信長の軍団」は、「武田騎馬軍団」にかわって「戦国最強」の軍団にのし上がったのでした。

 

「織田信長の軍団」は、周辺諸国から恐れられ、一気に「天下統一」へ向けて突き進むことになります。

 

信長は優れた「経済政策」によって、自らの軍団を「戦国最強」へと生まれ変わらせることに成功したのです。

 

「長篠の戦い」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【織田信長と長篠の戦いまとめ】鉄砲の嘘と戦法の真実を簡単に解説!』の記事はコチラ
『長篠の戦いの真実と布陣を解説!実は騎馬隊も鉄砲三段撃ちもなかった』の記事はコチラ
長篠の戦いでの鉄砲隊の数は少なかった?1丁のお値段を調査!』の記事はコチラ

 

「織田信長の強さの秘密」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。
『織田信長が強い理由は何?戦争には弱かったが資金力で天下を取った』の記事はコチラ
『織田信長の旗印・軍旗の意味を解説!貨幣・永楽通宝を旗にした理由は』の記事はコチラ
『織田信長の政策まとめ一覧!「政策のねらいと結果」をカンタン解説!』の記事はコチラ
『織田信長が南蛮貿易を重視した理由!外国との貿易なしでは戦えなかった』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」が行なった「経済政策」は「楽市楽座」や「関所撤廃」。それによって経済を活性化させ、民衆を豊かにした

 

2,「楽市楽座」は、今でいうところの「規制緩和」。「関所撤廃」は「物流活性化(物流コスト削減)」にあたり、結果として、「物」や「金」の交流が盛んとなり、人々は豊かになっていった

 

3,「経済政策」によって民衆が潤った結果として、信長自身も豊かになり、信長は手に入れた莫大な資金で、巨大な「軍団」を組織し、「最新兵器」を装備させ、「天下統一」へ向けて飛躍していった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る