織田信長の三男・信孝の悲劇と最期!同じ三男だった父・信長との差とは

この記事では「織田信長の三男・織田信孝」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信孝の最期」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信孝」は「次男」であるにもかかわらず、母の身分が低かったために「三男」となった人なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信孝」とは何者なのか?

織田信長」の三男で、信長の側室「坂氏」の子。母の身分が低かったため「次男」であるにもかかわらず、「三男」として育てられた

 

2,「本能寺の変」のあと、「信孝」はどうなった?

「山崎の戦い」で羽柴秀吉とともに「明智光秀」を討ったが、「清須会議」で信長の後継者になれなかった。「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」が秀吉に敗北して亡くなると、兄「信雄」に切腹させられた

 

3,三男だった「織田信長」と、同じく三男だった「織田信孝」は、なぜそれほど違う人生を歩んだのか?

「信長」は正室の子であったため、家督継承できた。しかし「信孝」は側室の子だったため、家督継承など絶対に出来ない地位にいた

信長の三男「織田信孝」とは何者か?身分の低い「母」から生まれた悲劇

織田信孝(おだ のぶたか)は、織田信長の三男です。

 

武勇のほまれ高い人物だったといわれています。

《織田信孝》
「引用元ウィキペディアより」

「信孝」は、三男とされていますが、実際には次男であったといわれています。

 

信孝の兄で、信長の次男「信雄」は、三男「信孝」よりも20日ほど遅く生まれたと言われています。

 

しかし「信孝」は、母親の身分が低かったため、「次男」であるにもかかわらず、「三男」とされたのでした。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

「信孝」の母は「坂氏」と呼ばれた女性です。

 

ただ、「坂氏」のどういった立場の女性なのかが、まったく不明なのです。

 

正確な素性はわからないということは、とにかく身分が低い女性であったと推測できます。

 

同じ側室の子「織田信雄」の兄であるにも関わらず、三男として育てられた理由は、「母親の身分が低かった」ことが原因なのでしょう。

 

「織田信長の子供」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「本能寺の変」から「信孝の最期」まで!悲劇的な最期!

天正10年(1582年)6月3日】、織田信孝は、織田家の重臣「丹羽長秀」とともに、大軍団をひきいて「大坂」にいました。

 

「四国」の大名「長宗我部元親」を討伐するために、出陣予定だったのです。

 

ところが、その前日、「織田信長」が「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれてしまったのです。

 

このとき、信孝と丹羽長秀の部隊は、そのほとんどが逃亡。

 

仕方なく信孝は「羽柴秀吉」を待って合流し、秀吉とともに「明智光秀」を討伐します。

 

数カ月後、「清須会議」と呼ばれる会議に出席した信孝は、織田家の後継者になりたいと、名乗りをあげました。

 

しかし、羽柴秀吉の頑強な抵抗にあって、織田家の後継者は、信長の孫「三法師」に決定。

 

このときから、織田家は「織田信孝・柴田勝家」と、「織田信雄・羽柴秀吉」という二大派閥に割れて、内部抗争を始めてしまうのでした。

 

「信孝」は「柴田勝家」とともに秀吉に対抗。

 

1583年】、信孝の抵抗も虚しく、「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」は妻「お市の方」とともに自害します。

 

このとき「柴田勝家」と協力して「岐阜城」で「秀吉・信雄軍」と戦っていた「信孝」は、降伏。

 

そして兄「信雄」によって、自害させられてしまいます。

 

享年26歳。


スポンサーリンク


切腹した際に、内臓を掴んで壁に投げつけたといわれています。

 

切腹した「愛知県・安養院」には、信孝の血がついた「掛け軸」が今も残っているのです。

 

辞世の句は、秀吉への怨念をうたった、凄まじいものとなっています。

昔より 主を内海の 野間ならば やがて報いん 羽柴筑前」

意味は、以下のとおりです。

この「内海の野間」という場所は、「源頼朝・義経」兄弟の父「源義朝」が、部下「長田忠致」に裏切られて亡くなった場所だ。

長田忠致は、その後「源頼朝」によって悲惨な処刑をほどこされて死んだという。

羽柴筑前守秀吉よ。

そなたにも、主君である私を殺した天罰が、今に降ることだろう。

その報いを、待っているがいい。

「長田忠致」は、「源義朝」を裏切って殺し、「平清盛」にその首を差し出した人です。

 

「壱岐守(いきのかみ)」という官位を褒美として与えられたものの、「美濃・尾張くらいはもらえると思っていた」と不満を漏らしたことで有名です。

 

その後、「長田忠致」は「源義朝」の息子「源頼朝」に仕えました。

 

そこで必死に働き、悲願であった「美濃・尾張をやる」と、頼朝から約束された「長田忠致」は喜びます。

 

ところが、頼朝は父の仇であった「長田忠致」を、無残にも処刑してしまうのでした。

 

頼朝は「長田忠致」に対して、

「約束通り、【身の終わり(美濃・尾張)】を与えてやる」

と言って、処刑したのだと言われています。

 

余談ですが、「織田信長」の妻「帰蝶」の父「斎藤道三」は、裏切りや毒殺を繰り返して下剋上を達成したその有様を批判され

「斎藤道三の『身の終わり(美濃・尾張)』は近い」

と落書きをされた、という逸話が残っています。

 

「斎藤道三」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


同じく三男だった「織田信長」と、三男「信孝」は何が違ったのか?

実は「織田信長」も三男でした。

 

しかし同じ三男の「信孝」とは違い、織田家の家督を継承し、「信孝」とは全くことなる人生を送っています。

 

なぜか。

 

理由は簡単で、母親の身分が高かったからです。

 

信長の母は信秀の正室「土田御前」という女性です。

 

それに対して「信孝」の母は「坂氏」という、素性すらわからない、身分の低い女性だったのです。

 

実は「信長」の「兄」であるにも関わらず、弟「信長」の家来として扱われた人がいます。

 

信長の兄「織田信広」です。

 

信広は、信長の兄であるにも関わらず、正室の子ではなかったため、織田家の家督継承ができませんでした。


スポンサーリンク


当時は「母親の身分」が、家督継承に対する大きな後ろ盾でした。

 

そのため「正室の子」でなくては、よほどのことがない限り、家督を継承できなかったのです。

 

「伊達政宗」の息子「伊達秀宗」は、長男でありながらも側室の子でした。

 

そのため政宗の正室「愛姫(めごひめ)」の息子である弟「忠宗」に、伊達家の家督を持っていかれています。

 

鎌倉時代の執権「北条時宗」の兄「北条時輔」は、母が側室であったため、家督を正室の子である弟「時宗」に持っていかれています。

 

さて、織田信長の息子「織田信忠」は、側室「生駒氏」の子でありながら、家督を継承しています。

 

なぜ「信忠」は、側室の子でありながら、家督継承できたのでしょうか?

 

理由は簡単で、「信長」の正室「帰蝶」には、子供がいなかったためです。

 

信忠は「帰蝶」の養子となることで「正室の子」という体裁を整えて、織田家の家督を継承しています。

 

信孝は、「母の身分」が低かったために、信雄の兄であるにも関わらず、弟扱いされて「信雄」を恨んでいたといわれています。

 

「帰蝶」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『濃姫(帰蝶)の全てを徹底解説!織田信長との関係や家系図を完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


もしも信孝が生きていたら、歴史はどう変わっていたのか?

「賤ヶ岳の戦い」で、もしも「信孝」と「柴田勝家」が、「秀吉」と「信雄」に勝利していたら、どうなっていたでしょうか?

 

おそらく「信孝」が織田家の当主となって、天下を平定していただろうと思います。

 

もともと「賤ヶ岳の戦い」は、

  • 「織田家を乗っ取ろうとする一派(羽柴秀吉)」
  • 「織田家を守ろうとする一派(柴田勝家・織田信孝)」

この両者の戦いです。

 

これに信孝が勝利していたら、織田家は存続していたはず。

 

そしてもし「織田家が」存続していたら、信孝は「柴田勝家」を補佐として、天下統一事業を継承していたでしょう。

 

ここで1つ不安要素が出てきます。

 

徳川家康です。


スポンサーリンク


信孝が「徳川家康」を味方にできたかどうか、ちょっと怪しい感じがします。

 

もしも「家康」を味方に出来たとしたら、天下統一も夢ではなかったでしょう。

 

しかし、家康がもしも「信孝」を翻弄し、織田家を真っ二つにするような行為をしでかしていたら、家康に天下を持っていかれたかもしれません。

 

ちょうど「豊臣秀頼」が「家康」に天下を奪われたように、信孝も家康に天下を奪われたかもしれないと思います。

 

「徳川家康」の動きをどこまで封じることができるかが、「織田信孝」が天下を取れたかどうかの鍵となるでしょう。

 

「豊臣秀吉」を「秀吉包囲網」でがんじがらめにした「徳川家康」。

 

「秀吉」に比べたら、若い「織田信孝」など、相手にもならなかったかもしれませんね。

 

「柴田勝家」と「徳川家康」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『柴田勝家のすべてを徹底解説!家紋や[お市の方]との関係まで完全網羅』の記事はコチラ
『徳川家康についてわかりやすく簡単に解説!そもそも何をした人なの?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信孝」とは織田信長」の三男で、信長の側室「坂氏」の子。母の身分が低かったため「次男」であるにもかかわらず、「三男」として育てられた

 

2,「本能寺の変」のあと、「信孝」は「山崎の戦い」で羽柴秀吉とともに「明智光秀」を討ったが、「清須会議」で信長の後継者になれなかった。「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」が秀吉に敗北して亡くなると、兄「信雄」に切腹させられた

 

3,「信長」は正室の子であったため、家督継承できた。しかし「信孝」は側室の子だったため、家督継承など絶対に出来ない地位にいた

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る