【織田信長の歴史】年表形式で当時の時代の流れをわかりやすく解説!

この記事では「織田信長の歴史」について、「年表形式」で、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長の歴史」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長」は「室町時代」から「安土桃山時代」を生きて、「戦国時代という内戦の時代を、終結に導いた武将」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「織田信長」の歴史をカンタンに言うと?
織田信長は【1534年】に尾張国で誕生し、【1582年】に京都「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれて亡くなった。

 

2,「織田信長」が生きた時代は「何時代」?
織田信長は「室町時代」に生まれ、「安土桃山時代」に亡くなった。そして「戦国時代末期」に活躍していた

 

3,「織田信長」は、歴史にどのような影響を与えたのか?
「信長」は、100年続く内戦を終結に導き、平和の土台をつくった

織田信長の歴史を【年表】でカンタン解説

「戦国時代」に活躍し、戦乱の日本を圧倒的な武力で征服した武将「織田信長」。

 

その歴史と時代の流れを、【年表】によって、わかりやすい形で解説いたします。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

【織田信長】が生まれた時代は、「室町時代」。

 

つまり「足利尊氏」が開いた「室町幕府」という京都におかれた「臨時政府」が、日本を支配していた時代でした。

 

織田信長はその「室町時代」の後期(末期)に活躍した武将です。

 

以下の年表では、「織田信長」が亡くなったあとの歴史がどのように推移したのかもわかるように、「徳川家康」が亡くなるまでの年表も記しておきました。


スポンサーリンク


1336年

「足利尊氏」が、京都の「室町」に幕府を開く

 

 

1467年

室町幕府8代将軍「足利義政」の後継者争いを発端として「応仁の乱」が勃発。

この「応仁の乱」勃発から、日本は「戦国時代」と呼ばれる「内戦」の時代に突入する。


スポンサーリンク


1583年

「賤ヶ岳の戦い」で「羽柴秀吉」が勝利。

敗北した「柴田勝家」と「お市の方」が亡くなる。

これにより、「織田家」は「羽柴秀吉」にほぼ完全に乗っ取られる

 

 

1585年

「小牧・長久手の戦い」

局地戦では「徳川家康」が「羽柴秀吉」に勝利したものの、「家康」がつくった「伊勢・織田信雄」・「四国の長宗我部元親」・「紀州」・「越中の佐々成政」などとの「秀吉包囲網」は、「秀吉」による分断外交戦略により崩壊。

「小牧・長久手の戦い」以降の総力戦は、結局「羽柴秀吉」の圧勝に終わる

 

 

1590年

「豊臣秀吉」が「小田原城」の「北条氏政・氏直」親子と、奥州「伊達政宗」を屈服させて、天下統一に成功。

1467年「応仁の乱」から始まった「戦国時代」が終わりを告げた(1467~1590年

 

1598年

「豊臣秀吉」死去


スポンサーリンク


1600年

「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」が「石田三成」に勝利。

この戦いは、「豊臣家を乗っ取って、徳川家康に天下を取らせようとする一派(家康)」と「徳川家康を倒して豊臣家を守ろうとする一派(三成)」の戦いだったが、「徳川家康」が勝利して、豊臣家の没落はほぼ決定的となった

 

1603年

「徳川家康」が「征夷大将軍」に就任し「江戸幕府」を開く(安土桃山時代の終わり。江戸時代の始まり)

 

1614年

「大坂冬の陣」

 

1615年

「大坂夏の陣」、「豊臣秀頼」とその母「淀殿(茶々)」が死亡。「豊臣家」滅亡

 

1616年

「徳川家康」死去

 

 

「織田信長の年表」について、「さらに詳しい年表」は、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ

余談ですが、「織田信長の子孫」は、今も続いています。

「織田信長の子孫と家系図」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ

『織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長が生きた時代は、「何時代」なの?

織田信長が生きた時代は、

  • 「室町時代」【1336~1573年
  • 「安土桃山時代」【1573~1603年
  • 「戦国時代」【1467~1590年

この3つの時代です。

 

「室町時代」とは、「室町幕府」が日本を支配していた「1336~1573年」の時代です。

 

「室町時代」は、【1573年】に15代征夷大将軍「足利義昭」を「織田信長」が京都から追放したことで終了します。

 

「安土桃山時代」とは、「室町幕府」が滅亡したあと、「織田信長」と「豊臣秀吉」が日本を支配していた「1467~1603年」の時代です。

 

この「安土桃山時代」は、【1603年】に「徳川家康」が征夷大将軍に就任して「江戸幕府」を開いたことで「江戸時代」が始まり、そのことにより終了します。

 

「戦国時代」とは、【1467年】に「応仁の乱」が起こったことで始まった時代です。

 

「戦国時代」は「室町時代」と「安土桃山時代」と、年代が重なっています。

 

一般的に「戦国時代」は、「応仁の乱」が始まった【1467年】から、「豊臣秀吉」による天下統一が達成された【1590年】までの時代です。

 

「〇〇時代」という言い方は、そのときの「政治の中心地」の地名をとって名付けられるのが一般的です。(奈良に都がおかれていた奈良時代、平安京が政治の中心地だった平安時代、鎌倉幕府が政治をおこなっていた鎌倉時代など)

 

「戦国時代」は、日本が置かれていた状態をあらわした言い方です。


スポンサーリンク


織田信長の存在は、歴史にどのような影響を及ぼしたのか?

「織田信長」は、「戦国時代」という、100年以上も続く内戦を終結させるための道筋をつけた、といえます。

 

当時の日本は、各地の「戦国武将」がそれぞれに独立国を支配し、戦争を繰り返す「内戦」の時代でした。

 

織田信長は、その奇抜なアイディアと圧倒的な武力で、それらの敵対勢力を力づくで鎮圧しました。

 

ところが、そんな織田信長も天下統一目前で「本能寺の変」によって「明智光秀」に討ち取られてしまいます。

 

 

信長の勢力は、「明智光秀」を倒した「豊臣秀吉」に引き継がれます。

 

そして「豊臣秀吉」は、信長が亡くなった8年後の【1590年】、「北条氏政」と「伊達政宗」を屈服させて、「天下統一」を達成。

 

こうして、【1467年】から実に【123年】も続いた「戦国時代」は、ようやく終了する事となるのです。

 

もしも信長がいなかったら、戦国時代はさらに長くつづき、日本は疲弊していたかもしれません。

 

秀吉の死後、日本は「徳川家康」によって、「江戸時代264年」の長い平和の時代をむかえることになります。

 

信長は、「戦国時代」を終わらせる道筋をつけて、その「江戸時代の平和」の基礎をつくったのです。


スポンサーリンク


もしも信長がいなかったら、歴史はどのように変わっていたのか

もしも「織田信長」がいなかったら、【1615年】の「大坂の陣」以降に実現した「明治維新までの252年の長期の平和」は、さらに遅れていたはずです。

 

信長は、力づくで戦乱を終結させ、「戦国時代の被害者を最小限にした」と言えるのではないでしょうか。

 

信長の残虐行為は、たしかに非難されるべきものかもしれません。

 

歴史家の「磯田道史」先生も、「織田信長」が僧侶などを焼き殺したやり方を痛烈に批判していました。

 

しかし、信長がいなかったら、残虐ではなかったにしても、被害者の総数は、確実に増えていたはず。

 

信長による「力づくで戦乱を終結させる」というやり方は、間違いなく、「被害者の数」を最小限に食い止めたと思います。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「織田信長」は【1534年】に尾張国で誕生し、【1582年】に京都「本能寺の変」で「明智光秀」に討たれて亡くなった。

 

2,織田信長は「室町時代」に生まれ、「安土桃山時代」に亡くなった。そして「戦国時代末期」に活躍していた

 

3,「信長」は、100年続く内戦を終結に導き、平和の土台をつくった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る