織田信長の2人の父親「虎とマムシ」とは何者?父の葬儀での逸話と真実

この記事では「織田信長の父親」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「織田信長の父」を、カンタンに理解できます。

 

「織田信長の2人の父親」である「織田信秀」と「斎藤道三」は、息子の「信長」にも負けないほどの「名将」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,織田信長の「2人の父親」とは?
織田信長には、「尾張の虎」と呼ばれた実父「織田信秀」と、「美濃のマムシ」と呼ばれた義父「斎藤道三」。実父と義父、2人の父親がいた。

 

2,「織田信秀」とは、何をした人なのか?
「織田信秀」とは、尾張国の小さな領主にすぎなかった織田家を、「尾張の支配者」にまで急拡大させた猛将

 

3,「斎藤道三」とは、何をした人なのか?
「斎藤道三」とは、父「松波庄五郎」とともに、二代にわたる「美濃国」の奪取(下剋上)を成功させた名将。

織田信長の2人の父親!宿敵同士だった「虎とマムシ」

「織田信長」には2人の有名な父親がいました。

 

一人は実の父「織田信秀」。

 

猛将だった「信秀」は、「尾張の虎」と呼ばれていました。

 

もう一人が、信長の正室「帰蝶(濃姫)」の父であり、信長の義父にあたる名将「斎藤道三」。

 

「斎藤道三」は、下剋上を繰り返して美濃国を制圧した武将だったため、「親の腹を食い破って生まれる」と信じられていた「マムシ」というあだ名をつけられていました。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

実はこの「織田信秀」と「斎藤道三」、宿敵関係にあり、何度も何度も戦いを繰り返していました。

 

ここで、「帰蝶(濃姫)」が重要な役割を果たすこととなるのです。


スポンサーリンク


信秀と道三は、互いに多くの敵をかかえて苦戦していました。

 

そのため、両者は協力して生き残る道を選択します。

 

信秀の子「信長」と、道三の子「帰蝶」を婚姻させて、「同盟」を締結したのです。

 

これにより、信秀は「道三」を後ろ盾にして、強敵「今川義元」との戦いに集中できます。

 

 

道三も、「美濃国」の敵勢力との戦いに成功します。

 

当時から「名将」と呼ばれていた「織田信秀」と「斎藤道三」。

 

この2人が、「織田信長」の父であり、成功へと導いた「恩人」でもあったのです。


スポンサーリンク


実の父「織田信秀」とは、どんな人で、何をした人?

信長の父「織田信秀」とは、もともと「尾張国」で身分の低い武将でしたが、その才能で一気に尾張国を支配するまでに急拡大した猛将です。

《織田信秀》
「引用元ウィキペディアより」

尾張国はもともと、「斯波家」という、「室町幕府」の家来である「守護大名」が支配していました。

 

しかし、戦国時代後期になると、「斯波家」は力を失い、尾張国は、斯波家の部下である2つの「守護代」と呼ばれる勢力が支配するようになります。

 

その「2つの守護代」とは、「織田大和守家」と「織田伊勢守家」という、2つの家のことです。

 

織田信秀は、その「織田大和守家」の部下だった人物です。

 

つまり、「織田信秀」はもともと「尾張国・支配者の部下の部下」だったというわけです。

 

身分が低かった「織田信秀」ですが、「商業を重視する政策」をおこなって莫大な収入を手に入れます。

 

その「金」の力をつかって、信秀は低い身分から、一気に「尾張国」で最大の勢力を誇るまでに成長することが出来たのです。

 

「織田信秀」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信秀のすべてを徹底解説!子孫や家系図・葬儀の逸話まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


義理の父「斎藤道三」とは、どんな人で、何をした人?

「斎藤道三」とは、もともとは「油商人」だった父親と力を合わせて、二代にわたって出世を重ね、商人から「美濃国の支配者」までのし上がった名将です。

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

もともと斎藤道三の父「松波庄五郎」は、「油商人」でしたが、一念発起して武士となり、美濃国の「土岐氏」につかえました。

 

そこで出世を重ねた「松波庄五郎」の息子「斎藤道三」は、のちに美濃国の守護「土岐氏」を美濃国から追放して、「美濃国の支配者」となります。

 

「戦国三大梟雄(せんごくさんだいきょうゆう)」

 

「斎藤道三」は、「松永久秀」や「宇喜多直家」とならび、「戦国三大梟雄」と呼ばれて、「下剋上」、すなわち「主君を追い落としてその国を奪い取るった武将」の代表的な人物と呼ばれています。

 

斎藤道三は、娘の「帰蝶(別名、濃姫または鷺山殿)」を、ライバル「織田信秀」の息子「織田信長」に嫁がせて織田家と同盟を締結。

 

1553年】、道三は「聖徳寺の会見」で、「うつけ(バカ)」と評判だった「織田信長」と会見し、その非凡な才能を一瞬で見抜いたといわれています。

 

ちなみに道三は、「尾張の虎」と呼ばれた猛将「織田信秀」に、一度も敗北したことがありません。

 

信秀以上の名将だったのです。

 

「斎藤道三」については、以下のリンク記事をどうぞ。

『斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


信長の父「信秀」の葬儀での逸話と真実!

1552年】、尾張国「萬松寺(ばんしょうじ」(名古屋市中区)

 

信長は父「織田信秀」の葬儀で、父親の位牌にむかって、「抹香(まっこう)」という「粉のお香」を投げつけた、という逸話が残っています。

 

このとき、弟「信勝」は、行儀よく振る舞い、周囲から称賛されたといわれています。

 

ところが信長はその逆を行い、周囲の目を欺いたのです。信長は、「うつけ(バカ)」を演じきり、敵の油断を誘ったのでした。

 

実は、このとき「信長」のこの振る舞いを、ただただ褒めちぎった人がいたようなのです。

「これぞ国を持つべき者の態度よ」

信長の部下「太田牛一」が書いた一級の歴史資料「信長公記」には、筑紫から来て葬儀に参列した僧侶が、信長の振る舞いから、その才能を見抜いて「これぞ国を持つ者の態度だ」と褒めちぎった逸話が残されています。


スポンサーリンク


「うつけ」のふりをした信長は、敵勢力に自分のバカっぷりが伝わるように、わざと派手に罰当たりなことをしたのでした。

 

信長は「うつけ(バカ)」ではありません。

 

敵を油断させ、その油断を突いて、敵を倒すためにです。

 

ところが弟「信勝」は、ただただ大人に気に入られるためだけに、行儀よく振る舞っていたのです。

 

「自分で考えて行動した信長」と「大人の考えに従っただけの信勝」。

 

どちらが優れているかは、明らかでしょう。

 

「抹香を投げつけたバチあたりな織田信長」の真実としては、バカな振る舞いをした「信長」こそ、「国を持つべき者」だった、ということです。

 

ちなみに、「信長」の記録「信長公記」には、このような逸話が山ほど書かれています。

 

当時の人々に徹底的に取材をしたうえで書かれた「信長公記」。「織田信長」の真実がわかる、ものすごく面白い本でした。

 

「織田信長がバカを演じた理由」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『織田信長の幼少期・若い頃の逸話!「うつけ」に隠された2つの狙い!』の記事はコチラ

スポンサーリンク


義理の父「道三」の最期と、信長に託された「遺言状」の逸話!

「斎藤道三」は、死の間際に娘婿「織田信長」に対して、「美濃国を信長にゆずる」という通称「国ゆずり状」と呼ばれる遺言状を残しています。

 

【1556年】、「斎藤道三」は「長良川の戦い」で、息子「斎藤義龍(高政)」に殺害されて亡くなります。

 

その時、斎藤道三はその才能を見抜いていた娘婿「織田信長」に対して、「美濃国を譲る」という遺言状を残し、信長へ送っているのです。

 

この「国譲り状」と、妻「帰蝶」の存在が、信長の「美濃国支配」の正当性を裏付ける事となりました。

 

「岐阜城」

 

織田信長は、道三の死から「11年後」の【1567年】、道三の居城だった「稲葉山城」を陥落させ、自らの本拠地としました。


スポンサーリンク


信長は、軍師・参謀だった「沢彦宗恩」の意見にしたがって、「稲葉山城」を「天下平定」の意味を込めた「岐阜」と改名し、さらなる勢力拡大の決意を表します。

 

信長は、斎藤道三の遺産「美濃国」を土台として、この後「天下統一」へ向けて、一気に飛躍していくのです。

 

ちなみに、道三の「国譲り状」は、「大阪城天守閣」と「京都・妙覚寺」に所蔵されています。

 

当時、道三は息子「義龍」の軍団に包囲されていたので、「国譲り状」を送り届けることに失敗する可能性がありました。

 

おそらく道三は、「国譲り状」を複数作成して、複数の使者に持たせ、信長の手に確実に届くように工夫したのでしょう。

 

その内2通は、無事に信長の手元へ届き、現在まで保存されていたのではないでしょうか。

 

「斎藤道三と稲葉山城」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。

『【斎藤道三と岐阜城】道三の居城「稲葉山城」と徳川家康の恐怖』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,織田信長には、「尾張の虎」と呼ばれた「織田信秀」と、「美濃のマムシ」と呼ばれた「斎藤道三」、実父と義父、2人の父親がいた。

 

2,「織田信秀」とは、尾張国の一武将にすぎなかった織田家を、「尾張の支配者」にまで拡大させた猛将

 

3,「斎藤道三」とは、父親とともに、二代にわたる「美濃国」の奪取を成功させた名将。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


『織田信長』関連記事

よろしければ以下のリンク記事も、お役立てくださいませ。


「織田信長の遺体の行方を調査!実は謎でも行方不明でもなかった」の記事はコチラ

「【織田信長】最後の言葉と辞世の歌は?亡くなる時の詳細な様子を紹介」の記事はコチラ

「織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?」の記事はコチラ

「【織田信長】家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!」の記事はコチラ

「織田信長の名言集と意味解説!ホトトギスや人生50年に潜む秘密とは」の記事はコチラ

「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ

「織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の関係や人柄・性格をエピソードで簡単解説」の記事はコチラ

「織田信長と池田恒興(つねおき)の関係と最期を解説!子・輝政の逸話」の記事はコチラ

「織田信長の生い立ちから最期まで!3分でわかりやすく簡単に解説!」の記事はコチラ

「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ

「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ

「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ

「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

「明智光秀と織田信長・豊臣秀吉の関係を解説!実は互いを憎んでいた?」の記事はコチラ

「織田信長家臣・弥助(やすけ)の生涯!彼が持つ信長デスマスクは本物?」の記事はコチラ


【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ

斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る