MENU

三淵藤英の家紋を画像付きで解説!足利家の家紋と似ている理由とは?

この記事では「三淵藤英(みつぶち ふじひで)が使用した家紋」について、「画像つき」で、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「三淵藤英の家紋」について、カンタンに理解できます。

 

「三淵藤英の家紋」は「揃い二つ引」です。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「三淵藤英」が使用した家紋とは?
三淵藤英は「揃い二つ引(そろいふたつひき)」という家紋を使用していた

 

2,「三淵家の家紋」と、よく似た「足利家の家紋」とは?
「足利家」は、「二つ引両」という、「三淵家の家紋」とよく似た家紋をつかっていた

 

3,「三淵家」と「足利家」の関係とは?
「三淵家」は、「足利家」の分家。「三淵藤英」の先祖「三淵持清」は、四代将軍「足利義持」の子。または三代将軍「義満」の子供といわれている。

「三淵藤英」の家紋を、画像付きでご紹介

「三淵藤英」がつかっていた家紋は
「揃い二つ引(そろいふたつひき)」
という家紋です。

《三淵家の家紋・揃い二つ引》
「引用元ウィキペディアより」

「室町幕府」を開いた「足利将軍家」につかえた「三淵家」。

 

室町幕府13代征夷大将軍「足利義輝」につかえた「三淵藤英」。

 

三淵藤英は、この「揃い二つ引」の家紋を使用して、生涯を足利将軍家に捧げた忠臣だったのです。



スポンサーリンク


「三淵家の家紋」とよく似ている「足利家」の家紋「二つ引両」をご紹介

「三淵藤英」が使用した「揃い二つ引」の家紋は、「足利将軍家」の家紋とよく似ています。

 

足利将軍家の家紋「二つ引両」が、こちら

《足利二つ引両紋》
「引用元ウィキペディアより」

「三淵家」の「揃い二つ引」も、「足利家」の「二つ引両」も、ともに二本の線を横に並べた形をしています。

 

この「二本線」は、「龍」を意味しているのだとか。

 

足利家の家紋「二つ引」の「両(りょう)」という文字は、「龍(りゅう)」という意味が込められているのだそうです。

 

余談ですが、足利家は「鎌倉幕府」を支配していた「北条家」を滅ぼして「室町幕府」を開いています。

 

「北条家」の家紋は、「三つ鱗」。

《三つ鱗紋》
「引用元ウィキペディアより」

この「鱗(うろこ)」は、魚の鱗ではなく、「蛇の鱗」をデザインしたものだとか。

 

足利家は「龍」で、北条家は「蛇」。

 

龍を象徴とした「足利家」が、蛇を象徴とした「北条家」を倒したのは、なんだか運命だったような気もします。



スポンサーリンク


「三淵家」と「足利家」の関係を解説!

「三淵家」は、「足利家」の分家です。

 

三淵藤英の先祖「三淵持清」は、室町幕府4代将軍「足利義持」の息子なのです。

 

諸説あるものの、「持清」は、3代将軍「足利義満」の子であるともいわれています。

 

つまり、「三淵家」は、「足利将軍家」の血を引いているということです。

 

とはいえ、「三淵藤英」の父「三淵晴員(はるかず)」は、もともと「細川家」から、母方の実家である「三淵家」へ養子に入った人物。

 

そのため「三淵藤英」も、「三淵家」の先祖「三淵持清」と一直線に血がつながっているわけではありません。

 

しかし「藤英」は、足利家への忠誠心を忘れず、最期まで足利家へ尽くしています。

 

「三淵藤英の最期」については、以下のリンク記事で、詳しく解説しております



スポンサーリンク


「三淵藤英」と縁(ゆかり)のある家と《家紋》

三淵藤英と縁のある家や家紋といえば、弟「細川藤孝」の「細川家」でしょう。

 

弟「細川藤孝」は、「三淵家」から、名門「細川家」へと養子にいっているのです。

 

細川家も、足利家と同じ「二つ引両」の家紋を使用していました。

 

細川家では、他にも「九曜紋」など、5つの家紋を使い分けていたのです。

 

また、忠臣蔵の悪役「吉良上野介」で有名な「吉良家」も、「二つ引両」の家紋を使用しているのです。

 

そして「今川義元」を輩出した「今川家」も、「二つ引両」を使っています。

 

2020年】の大河ドラマ「麒麟がくる」において、「今川義元」の軍団は、「二つ引両」の家紋を描いた旗を背負っています。

 

「斎藤道三」を討ち果たした息子「斎藤義龍(高政)」は、「一色」という姓を名乗っています。

 

この「一色家」の家紋も、「二つ引両」。

 

「細川」、「吉良」、「今川」、「一色」

 

これら「二つ引両」の家紋を使用している家々は、実はすべて「足利将軍家」の分家なのです。

 

つまり「三淵家」と「細川家」、「今川家」、「一色家」は、親戚ということになります。

 

「今川家の家紋」や「斎藤義龍の家紋」については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「三淵藤英」は「揃い二つ引」という家紋を使用していた

 

2,「足利家」は、「二つ引両」という、「三淵家の家紋」と似た家紋をつかっていた

 

3,「三淵家」は、「足利家」の分家。「三淵藤英」の先祖「三淵持清」は、四代将軍「足利義持」の子。または三代将軍「義満」の子供といわれている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。



スポンサーリンク


「三淵藤英」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。



スポンサーリンク


「家紋」に関する「記事」一覧

歴史上の有名人が使用した「家紋」について、以下のリンク記事で、くわしく解説しています。

 


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる