斎藤義龍(高政)の家紋を画像付きで紹介!父・道三とは違う家紋を使っていた

この記事では「斎藤義龍がつかっていた家紋」について、「画像つき」で、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「斎藤義龍の家紋」を、カンタンに理解できます。

 

「斎藤義龍の家紋」は「五三桐紋」です。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「斎藤義龍(高政)」がつかった家紋とは?
斎藤義龍は、「五三桐紋」という家紋を使用していた。もともと斎藤家は「撫子紋」をつかっていた。

 

2,「斎藤道三」がつかっていた家紋とは?
義龍の父「斎藤道三」は、「二頭波紋」という、自分で考えてデザインしたオリジナルの家紋を使用していた。息子「義龍(高政)」は、この「二頭波紋」を使っていない

 

3,「義龍(高政)」は、「足利家」と同じ家紋を使っていたのか?
義龍は、足利将軍家の分家である「一色家」を名乗り、将軍「足利義輝」からも、「一色」を名乗ることを認められていた。ハッキリとはわからないが、「足利将軍家」と「一色家」の家紋である「二つ引両」についても、使用が許されていた可能性がある。

斎藤義龍(高政)が使っていた「家紋」を画像付きでご紹介

斎藤義龍(高政)は、「五三桐紋」という家紋を使用していました。

 

《五三桐》
「引用元ウィキペディアより」

「桐紋」は「日本十大家紋」の1つです。

 

「皇室」や「日本政府」も、「桐紋」を使用しています。

 

現在でも数多くの家で、この「桐紋」が使用されています。

《斎藤義龍》
「引用元ウィキペディアより」

 

斎藤義龍(高政)は、美濃国の守護代「斎藤家」の家系です。

 

美濃国の斎藤家は、「藤原北家」の家系で、もともと「撫子紋」を使っていました。

《撫子紋・なでしこもん》
「引用元ウィキペディアより」

 

ただし、斎藤義龍は「斎藤氏」ではなく、「一色(いっしき)」という姓を名乗っていたので、斎藤家の家紋「撫子紋」は、使っていなかった可能性があります。


スポンサーリンク


父「斎藤道三」が使っていた家紋とは?

「斎藤義龍(高政)」の父「斎藤道三(利政)」は、「二頭波紋(ふたがしらなみもん)」という家紋を使用していました。

【二頭波紋】
「引用元ウィキペディアより」

 

この家紋は、「斎藤道三」がオリジナルで作成し、使用した家紋です。

 

どうやら、「波」というものが、兵法に通じる意味をもっていたため、道三はこの「波」の家紋を常に身近においたようです。

 

しかし、息子の「斎藤義龍」は、父が愛した「二頭波紋」を使用しませんでした。

 

やはり父を殺害した義龍からすれば、父の家紋を使う気にはならなかったのでしょう。

 

「斎藤道三」の家紋について、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

斎藤道三が使った2つの家紋!画像付きでその由来をわかりやすく解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


斎藤義龍(高政)は、足利家と同じ「二つ引両」の家紋を使っていた?

「斎藤義龍(高政)」は、武士のトップに君臨した「足利将軍家」と同じ家紋「二つ引両紋」を使っていた可能性があります。

《足利二つ引両紋》
「引用元ウィキペディアより」

 

実は「斎藤義龍」、足利将軍家の分家である「一色家」を名乗っていたのです。

 

義龍の母「深芳野(みよしの)」は、「一色家」の出身であるといわれています。

 

父「道三」を殺した義龍は、「一色」を名乗っていますので、一色家の家紋「二つ引両」を使ことも可能だったかもしれません。

 

しかし、「二つ引両」は、足利将軍家の家紋です。

 

斎藤義龍は、室町幕府・第13代征夷大将軍「足利義輝」から、「一色」の姓を使うことを許されています。

 

ところが、「二つ引両」の家紋を使うことまで許されていたかは、わかりません。

 

ハッキリとはしていませんが、「義龍」はもしかすると、「二つ引両」の家紋を使用していたかもしれません。

 

「足利家の家紋」については、以下のリンク記事で、くわしく解説しております。

足利義輝の家紋を『画像』付きでご紹介!家紋の意味と由来も簡単解説』の記事はコチラ

スポンサーリンク


義龍が名乗った「一色家」とは、どういう家柄なのかを、くわしく解説?

「一色家」は、当時「武士たちのトップ」に君臨していた征夷大将軍の家柄である「足利家」の分家にあたります。

 

当時から、「一色家」は名門として、とても高い格式を誇っていたはずです。

 

「室町幕府」を開いた「足利尊氏」の《ひいおじいさん》である「足利頼氏」。

 

その「足利頼氏」の弟「一色公深(いっしき きみふか)」が、「一色家」の始祖です。

 

「一色家」は、「足利家」の分家として、「足利尊氏」とともに「鎌倉幕府」や「後醍醐天皇」と戦っています。

 

そして「一色家」は、「室町幕府」の成立にも功績を残しているのです。


スポンサーリンク


「三管四職(さんかんししき)」

 

室町幕府における重臣を「三管四職」といいますが、「一色家」はこの「四職」という4つの家柄の筆頭に数えられています。

 

一色家は、「室町幕府」のなかで、特に重要な地位を占めていた、まさに「名門のなかの名門」なのです。

 

ちなみに、「三管四職」とは、

 

  1. 「細川家」
  2. 「畠山家」
  3. 「斯波家」

の「三管領家」と

  1. 「一色家」
  2. 「京極家」
  3. 「赤松家」
  4. 「山名家」

 

の「四職」という、合計7家のことです。

 

このうち「細川家」と「山名家」による権力争いが、「戦国時代」のはじまりである「応仁の乱」を引き起こしたのです。

 

「応仁の乱」について、詳しくは、以下のリンク記事で、解説しております。

『【応仁の乱とは】簡単にわかりやすく解説!ひと目でわかる勢力図はコチラ』の記事はコチラ
「斎藤義龍(高政)」について詳しくは、以下のリンク記事をどうぞ。
斎藤義龍(高政)の全て!生涯年表に家紋、明智光秀との関係までを解説』の記事はコチラ
斎藤義龍(高政)と明智光秀はどういう関係?2人は親友同士だったのか』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「斎藤義龍(高政)」がつかった家紋は、「五三桐紋」。もともと斎藤家は「撫子紋」をつかっていた。

 

2,義龍の父「斎藤道三」は、「二頭波紋」という、オリジナルの家紋を使用していた。息子「義龍(高政)」は、「二頭波紋」を使っていない

 

3,義龍は、足利将軍家の分家である「一色家」を名乗り、将軍「足利義輝」からも、「一色」を名乗ることを認められていた。ハッキリとはわからないが、「二つ引両」の家紋についても、使用が許されていた可能性がある。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


その他「家紋」についての関連記事

歴史上の有名人が使用した「家紋」について、以下のリンク記事で、くわしく解説しています。

三好長慶の家紋と画像はコチラ!家紋に秘められた「9つの城」の意味とは?』の記事はコチラ
今川義元の家紋を画像つき解説!義元は「汚れ落とし」を家紋にした』の記事はコチラ
細川藤孝の家紋を画像でご紹介!足利家との秘密と、織田信長との逸話』の記事はコチラ
松永久秀のすべてを徹底解説!子孫・家系図や家紋に茶器まで完全網羅』の記事はコチラ
柴田勝家のすべてを徹底解説!家紋や[お市の方]との関係まで完全網羅』の記事はコチラ
朝倉義景のすべてを徹底解説!子孫や家紋・明智光秀との関係をご紹介』の記事はコチラ
今川義元のすべてを徹底解説!家紋や首の行方・墓の場所など完全網羅』の記事はコチラ
斎藤道三が使った2つの家紋!画像付きでその由来をわかりやすく解説』の記事はコチラ
松永久秀の子孫は太田光代!松永の家紋の画像とクリスマスや爆死の逸話』の記事はコチラ
石田三成の家紋九曜紋」と旗印「大一大万大吉」の意味と読み方とは』の記事はコチラ
『【巴御前とは】最強の逸話と家紋の真実!彼女の武器・刀が今も使われてる』の記事はコチラ
平将門の乱と家紋とは?乱がおきた場所・年号と秘められた子孫の秘密』の記事はコチラ
薩摩藩家紋の呼び名とは?丸に十の字で何を意味しているのか解説』の記事はコチラ
井伊直弼の家紋画像と意味解説!大河ドラマ主人公・井伊直虎との関係は』の記事はコチラ
西郷隆盛の誕生日や出身地を解説!西郷の家紋は天皇から拝領したの?』の記事はコチラ
島津斉彬はルイヴィトン愛用していた?薩摩藩の家紋とヴィトンの関係』の記事はコチラ
『【武田信玄家紋の画像と意味を解説!山口組の代紋と似てるが・・。』の記事はコチラ
『【織田信長家紋の意味や花の由来!読み方を画像付きで簡単解説!』の記事はコチラ
明智光秀家紋・桔梗紋の意味と読み方とは?日光東照宮に刻まれた理由』の記事はコチラ
榊原康政の子孫は現在会社社長?徳川家を救った逸話と家紋の由来とは』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る