【三好長慶】お墓と銅像の場所を地図でご案内!天下人【長慶】の最期

この記事では「三好長慶のお墓と銅像が、どこにあるのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「三好長慶のお墓と銅像」について、カンタンに理解できます。

 

「三好長慶のお墓」は、なぜか「千葉県銚子市」にあるのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「三好長慶のお墓」は、どこにあるの?

お墓は、「真観寺」「南宗寺」」「大徳寺聚光院」「飯盛山」「滝寺」「飯沼観音」などにある

 

2,「三好長慶の銅像」は、どこにあるの?

銅像は、「大阪府大東市」と「大阪府堺市堺区」にある

 

3,「三好長慶」は、どのような最期を遂げたの?

最期は弟「安宅冬康(あたぎ ふゆやす)」を暗殺し、そのことを後悔しながら病死した。「安宅冬康」を暗殺した理由は、重臣「松永久秀」に騙されて、「安宅冬康」の裏切りを恐れたためといわれている。

【三好長慶のお墓】の場所を、地図付きで解説

天下人「三好長慶」のお墓は、各地に存在しています。

 

《三好長慶》
「引用元ウィキペディアより」

 

  • 大阪府八尾市の「真観寺
  • 大阪府堺市の「南宗寺
  • 京都府京都市の「大徳寺・聚光院
  • 大阪府四條畷市および大東市「飯盛山・御体胴塚
  • 徳島県三野町の「滝寺
  • 千葉県銚子市の「圓福寺・飯沼観音

 

次に、これらのお墓の場所を、地図でご案内いたします。

大阪府八尾市の「真観寺」

 

大阪府堺市の「南宗寺」

 

京都府京都市の「大徳寺・聚光院」

 

大阪府四條畷市および大東市「飯盛山・御体胴塚」

 

徳島県三野町の「滝寺」

 

千葉県銚子市の「圓福寺・飯沼観音」

 

千葉に行ったことのないはずの「三好長慶」。なぜ「千葉県銚子市」にお墓があるのでしょうか?

 

徳川家康に仕えた武将「新庄直頼」という人が、元「三好家」の家臣だった隠者「早器居士」という人から、自分の父が亡くなった「江口の戦い」の話を聞いたのだとか。

 

その後、この「早器居士」が、ここに主君「三好長慶」の供養塔をたてたのだそうです。

 

つまり、あくまでも「供養塔」であり、「お墓」ではないということです。

 

余談ですが、「南宗寺」には、「徳川家康のお墓」なるものがあります。

 

この「南宗寺」の伝説によると、【1615年】の「大坂夏の陣」で、「徳川家康」は「真田幸村」に追いつめられ、「後藤又兵衛」に討ち取られたのだとか。

 

徳川秀忠は、「家康」の死を隠蔽し、密かにここに墓を建てたと言われています。

 

もちろん、家康がここで亡くなったという話は、後世の創作。

 

そもそも「後藤又兵衛」は、この時すでに戦死していました。


スポンサーリンク


【三好長慶の銅像】の場所を、地図付きで解説

三好長慶の銅像は、大阪府に2つ建てられています。

 

本拠地の「大東市」と、もう一つが「堺市」です。

 

「三好長慶」は、「織田信長」と同じく、「経済」に力を注いだ武将でした。

 

そのため、日本最大の商業都市「堺」に、注目していたと言われています。

 

その縁もあってか、堺市に銅像が建てられているようのでしょう。

 

「大阪府大東市」

 

「大阪府堺市堺区」

 

「堺市」の像は、座禅を組んだような姿の像です。

 

「大東市」は、甲冑姿です。


スポンサーリンク


織田信長より先に天下をとった天下人「三好長慶」の最期

1564年】、三好長慶は居城「飯盛山城」で病死しました。享年42歳。

 

三好長慶は、一説によると「精神病」にかかっていたとも言われています。

 

長慶は亡くなる直前、自分の弟である「安宅冬康(あたぎ ふゆやす)」を暗殺しています。

 

「三好長慶」はこの頃、信頼していた実の弟たちの

  • 「三好実休(みよし じっきゅう)」
  • 「十河一存(そごう かずまさ)」

を次々と亡くしているのです。

 

さらには、実子であり後継者でもあった

  • 「三好義興(みよし よしおき)」

も亡くしています。

 

大切な人を次々と失ったことで、「三好長慶」は、冷静な判断力を失っていました。

 

重臣「松永久秀」に騙されて、実弟「安宅冬康」が裏切ろうとしていると信じ込まされたのだとか。

 

そのため、実弟を殺害してしまったのだ、と噂されています。

 

暗殺後、弟が無実であったことを知った「三好長慶」は、ひどく後悔しました。

 

弟の死から2ヶ月後に、三好長慶は病死してしまうのです。

 

余談ですが、「三好長慶」の弟「三好実休」が愛用していた名刀「実休光忠」は、織田信長から愛され、「本能寺の変」において激戦に使用されたと言われています。

 

「織田信長の愛刀」と「本能寺の変」については、以下のリンク記事で、さらにくわしく解説しております。

『【本能寺の変】織田信長の愛刀!本能寺で焼けた自害に使った刀とは?』の記事はコチラ

スポンサーリンク


「三好長慶」が亡くなった「その後」、何が起こったのか?

三好長慶が亡くなったあと、三好家は、重臣である「三好三人衆」と「松永久秀」が支配するようになります。

 

そして、「足利幕府」を操り人形のようにして、さらに勢力を拡大しようと考えるようになります。

 

しかし、将軍「足利義輝」は剛毅な人柄で、用意に操り人形とはならなかったのです。

 

1565年】、「永禄の変」勃発。

 

言うことを聞かない「足利義輝」に激怒した「三好三人衆」は、松永久秀の息子「松永久通」とともに、「足利義輝」を襲撃。

 

征夷大将軍を殺害するという暴挙に出たのでした。

 

この「暗殺事件」は、大衆を激怒させ、「上杉謙信」や「朝倉義景」も怒りを込めた書状を残しているほどです。

 

事件から3年後の【1568年】、「織田信長」が京都を攻撃し、「三好三人衆」を追放。

 

「松永久秀」は信長に降伏。

 

三好長慶の跡を継ぐように、天下は「織田信長」によって支配されていきます。

 

「三好長慶」については、以下のリンク記事で、くわしく徹底的に解説しております。

三好長慶のすべてを徹底解説!子孫・家系図や因縁の名刀など完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「三好長慶のお墓」は、「真観寺」「南宗寺」」「大徳寺聚光院」「飯盛山」「滝寺」「飯沼観音」

 

2,「三好長慶の銅像」は、「大阪府大東市」と「大阪府堺市堺区」にある

 

3,「三好長慶」は、弟「安宅冬康(あたぎ ふゆやす)」を暗殺したあと、そのことを後悔しながら病死した。弟を暗殺した理由は、「松永久秀」に騙されたため。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「三好長慶」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

三好長慶のすべてを徹底解説!子孫・家系図や因縁の名刀など完全網羅』の記事はコチラ
松永久秀のすべてを徹底解説!子孫・家系図や家紋に茶器まで完全網羅』の記事はコチラ
【本能寺の変】の謎や真相をすべて解説!黒幕や動機について完全網羅』の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る