MENU

【服部半蔵】明智光秀との関係とは?二人が同一人物という説は本当か

この記事では、服部半蔵はっとりはんぞう明智光秀あけちみつひでの関係について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

これを読めば、服部半蔵と明智光秀の関係を、すぐに理解できます。

同一人物説もある服部半蔵と明智光秀ですが、結論を言ってしまうと、同一人物説はガセです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

  1. 服部半蔵と明智光秀には、同一人物説があるが、そんなはずはない。同一人物説はガセ
  2. 服部半蔵と明智光秀には、そもそも接点がない
  3. 服部半蔵という名前で有名な服部半蔵政成はっとりはんぞうまさなりは、そもそも忍者ではなかった
目次

服部半蔵はっとりはんぞう明智光秀あけちみつひでの【同一人物説】とは?

服部半蔵と明智光秀には、同一人物という噂がありますが、本当なのでしょうか?

結論からいってしまうと、この説はガセです。

《服部半蔵正成》
「引用元ウィキペディアより」

天正10年(1582年)6月2日、明智光秀は本能寺の変ほんのうじのへんを起こして、織田信長おだのぶながを討ち取りました。

本徳寺所蔵の明智光秀肖像:Wikipediaよりパブリックドメイン

その直後、服部半蔵は主君の徳川家康とくがわいえやすを連れて、神君伊賀越えしんくんいがごえと呼ばれる逃亡劇を演じます。

そして伊賀越えで徳川家康が三河国・岡崎城へ逃亡した数日後、明智光秀は山崎の戦いやまざきのたたかい羽柴秀吉はしばひでよしに敗れて亡くなっています。

つまり、服部半蔵正成と明智光秀は、同時期に別々の場所にいたのです。

本能寺の変の直後に

  • 明智光秀は、京都・本能寺ほんのうじ
  • 服部半蔵は、三河・岡崎城おかざきじょう

にそれぞれ居たのです。

このことから、半蔵・光秀・同一人物説は、成立しません。

実は服部半蔵にも、明智光秀にも、それぞれにおもしろい同一人物説が存在しています。

服部半蔵は、俳人はいじん松尾芭蕉まつおばしょうと同一人物という説があります。

明智光秀には、徳川家康の参謀・南光坊天海なんこうぼうてんかいと同一人物という説があります。

どちらも真相は不明であるものの、信ぴょう性に乏しい説であると思います。

→→→→→【本能寺の変】についてくわしくはこちら

→→→→→【織田信長】についてくわしくはこちら



スポンサーリンク


服部半蔵と明智光秀は、どういう関係なの?

 

半蔵と光秀が同一人物ではないとして、二人はどういう関係なのでしょうか?

実はこの二人に直接的な関係は有りません。

二人が接触したという、史実での記録は全くないのです。

この二人が同じ戦争に参戦した記録もありません。

半蔵が参戦して活躍した戦いの中には、姉川あねがわの戦いなど、有名な戦いが数多くあるものの、その戦いに明智光秀が参戦することはありませんでした。

二人はもしかすると、実際のところ面識すらなかったかもしれません。



スポンサーリンク


服部半蔵の歴史と真実!服部半蔵は、忍者ではなかった

 

服部半蔵は、忍者ではありませんでした。

半蔵は槍をふるって戦場で戦う武士、すなわち軍人だったのです。

服部半蔵とは、実は服部家の当主となった人物が代々引き継ぐ名前のことなのです。

つまり服部半蔵は、一人ではなく、たくさんいるのです。

徳川家康に仕えて、半蔵門という名前の由来となった人物は、二代目・服部半蔵である服部半蔵正成はっとりはんぞうまさなりという人です。

服部半蔵正成は、実は忍者ではなく、槍をもって敵に突撃する戦士でした。

忍者として活躍したのは、この服部半蔵正成の父親である服部保長というお方です。

服部保長は、徳川家康の祖父である松平清康まつだいらきよやすという人物に仕えていた忍者です。

この服部保長が徳川家康に仕えていたかどうか、定かではありません。

服部半蔵こと服部正成は、1557年の宇土城攻略戦が初陣であり、1592年の朝鮮出兵で、肥前・名護屋城への出陣を最後に亡くなっています。

→→→→→【服部半蔵】についてくわしくはこちら



スポンサーリンク

2020年大河ドラマ【麒麟きりんがくる】で忍者を演じる岡村隆史さんは、今後どうなる?

2020年の大河ドラマ・麒麟がくるで、お笑い芸人・岡村隆史さんが、徳川家康を守る忍者役で登場しておられます。

この岡村隆史さんが演じる忍者・菊丸は、今後どうなるのでしょうか?

結論からいいますが、忍者・菊丸は徳川家康に仕える忍者として明智光秀を助け、物語の最後まで活躍し続けます。

菊丸・岡村隆史さんは本能寺の変や山崎やまざきの戦いなど、光秀が亡くなる直前まで、光秀を助ける存在とし活躍。

噂では、菊丸は服部半蔵ということになっているのですが。

史実と照らし合わせて考えると、岡村隆史さんこと菊丸が服部半蔵であるはずがありません。

1549年、徳川家康こと竹千代が尾張国にいた当時、菊丸は竹千代のことを、竹千代の母・於大の方おだいのかたや伯父・水野信元みずののぶもとへ報告しています。

しかし史実では、このとき服部半蔵こと正成は、数え年で8歳。

服部半蔵正成は、徳川家康の一歳年上でしかないので、史実と照らし合わせて考えると、菊丸が服部半蔵正成であるはずがないのです。

では服部半蔵正成の父・服部保長はっとりやすながが、菊丸なのでしょうか?

その可能性も低いでしょう。

なぜなら先ほど解説したとおり、服部保長は家康ではなく、家康の祖父「松平清康」に仕えたお方だからです。

とはいえ、ドラマにあまりにも史実をはめ込みすぎるのもナンセンスです。

菊丸・岡村隆史さんが、たとえ服部半蔵であったとしても、ドラマなのでそれほど無茶なことではないと思います。

おそらく菊丸・岡村隆史さんは今後、徳川家康の家来として、明智光秀と密接に連絡を取り合う関係になるのでしょう。

徳川家康と明智光秀は、史実では、かなり密接に協力し合う関係です。

例えば金ヶ崎の退き口で、徳川家康と明智光秀は、羽柴秀吉も加えて、ともに戦っています。

菊丸・岡村隆史さんはこの後、明智光秀を影から助ける存在となるのではないでしょうか。

おそらくですが、菊丸・岡村隆史さんは本能寺の変や山崎の戦いなど、明智光秀が亡くなる直前まで、光秀を助ける存在として登場し続けると思います。

 

追記

2020年の大河ドラマ【麒麟がくる】も最終回をむかえました。

岡村さん演じる菊丸は、服部半蔵ではなく、徳川家康に仕える忍者という設定でした。

明智光秀が、本能寺の変を起こす直前、菊丸は光秀から

「あとのことは頼む」

と、徳川家康に伝えてくれるように頼まれていました。

これが、のちに徳川家康が260年に及ぶ平和な世の中をつくる土台となった、という設定なのでしょう。

新しい世の中をつくるため、あとのことを託された菊丸でした。

結局菊丸は、第一話から最終話まで、ずっと登場し続けたキーマンでした。

最終話において、明智光秀が生きていたということがほのめかされていました。

もしかすると、【麒麟がくる】では、明智光秀と南光坊天海なんこうぼうてんかいの同一人物説を採用していたのかもしれません。

光秀・天海の同一人物説によれば、明智光秀はその後、南光坊天海と名乗り、1615年の大坂夏の陣で豊臣家を滅ぼし、豊臣家への復讐に成功しています。

→→→→→【光秀・天海の同一人物説】についてくわしくはこちら

→→→→→【明智秀満と天海の同一人物説】についてくわしくはこちら



スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

  1. 服部半蔵と明智光秀には、同一人物説があるが、そんなはずはない。同一人物説はガセ
  2. 服部半蔵と明智光秀には、接点がない
  3. 服部半蔵という名前で有名な服部正成はっとりまさなりは、そもそも忍者ではなかった

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。



スポンサーリンク


スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次