【本能寺の変】黒幕説を検証!豊臣秀吉・徳川家康以外の有力候補は?

この記事では「本能寺の変」の「黒幕説」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「本能寺の変の黒幕説」を、カンタンに理解できます。

 

「本能寺の変」は、最新の説によると「単独犯行説」が有力なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,「本能寺の変」の「黒幕説」とは、「織田信長を討った明智光秀には裏に黒幕がおり、その黒幕の命令または協力により、光秀は信長を討った」という説のこと。これまでに約「20」の黒幕説が浮上した

 

2,「黒幕説」には「羽柴秀吉」「徳川家康」または「近衛前久(このえ さきひさ)」などを黒幕とする説がある。

 

3,近年では「黒幕説」よりも、いわゆる「四国説」。正確には「四国征伐回避説」を基礎とする「明智光秀の単独犯行説」がもっとも有力とされている。

「本能寺の変」の「黒幕説」とは何か?

「黒幕説」は、「本能寺の変を起こした『明智光秀』を、裏であやつっていた者がいた」という説のことです。

 

天正10年(1582年)6月2日早朝

 

織田家の重臣「明智光秀」が、主君「織田信長」を襲撃しました。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

 

場所は京都「本能寺」

 

光秀は自らの家老「斎藤利三」たちと共に、「織田信長」とその息子「織田信忠」を討ち果たしたのです。

《織田信長》
「引用元ウィキペディアより」

 

なぜ「明智光秀」は、主君「織田信長」を討たなくてはいけなかったのか?

 

その理由、つまり「動機」は、今も不明です。

 

動機を探る前に、「結果」を確認しておきたいと思います。

 

「本能寺の変」を起こした結果、3つのことが起こりました。

  1. 「天下統一を目前にした織田信長が亡くなった」
  2. 「信長を討ち果たした明智光秀は、羽柴秀吉に敗死した」
  3. 「秀吉は豊臣秀吉と名乗り、本能寺の変から8年後に天下統一を達成した」

スポンサーリンク


さて、「本能寺の変」の「動機」は、果たして何なのでしょうか?

 

長年研究されてきた「本能寺の変」の動機ですが、一般的には以下のような説があります。

  • 「光秀単独犯説」と「黒幕説」と「共謀説」
  • 「怨恨説」と「野望説」
  • 「信長の非道な行いを阻止するため説」
  • 「四国征伐回避説」

その「動機」については、これまで50以上もの説が唱えられてきました。

 

なかでも「黒幕説」は、「明智光秀を裏で操っていた者がいた」という説であり、20もの説が唱えられています。

 

黒幕としてあげられる人物は、以下の通り

  • 朝廷
  • 足利義昭
  • 羽柴秀吉
  • 毛利輝元
  • 徳川家康
  • ルイス・フロイスなどの「イエズス会」
  • 堺の豪商たち
  • 高野山
  • 森蘭丸
  • 法華宗

スポンサーリンク


黒幕は複数存在するという、いわゆる「共謀説」も唱えられています。

 

その「黒幕・共謀説」で唱えられている黒幕たちは、以下の通りです。

  • 「光秀と秀吉」の共謀
  • 「光秀と家康」の共謀
  • 「光秀・秀吉・家康」の共謀
  • 「足利義昭・朝廷」
  • 「毛利輝元・足利義昭・朝廷」
  • 「近衛前久・家康」
  • 「堺の豪商たち・家康」
  • 「上杉景勝と羽柴秀吉」
  • 「家康・イギリス・オランダ」
  • 「足利義昭・秀吉・毛利輝元」

 

数々の「黒幕」が唱えられているわけですが、いったいどれが「真実」なのでしょうか?


スポンサーリンク


『豊臣秀吉』黒幕説を検証

いきなり結論から言ってしまいますが、「羽柴秀吉が黒幕」である可能性は、低いと思います。

 

天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」が起こったその日、「豊臣秀吉」こと「羽柴秀吉」は、中国地方にいました。

 

現在の「岡山県」に位置していた「備中国」にあった城「備中高松城」を「水攻め」で攻撃していたのが、「羽柴秀吉」こと後の「豊臣秀吉」です。

 

羽柴秀吉は、「中国方面司令軍」の司令官として、大軍団を率いて中国方面の大勢力「毛利輝元」と戦っていたのです。

 

天正10年(1582年)6月3日夜~4日未明】、「本能寺の変」の翌日、秀吉のもとへ、とてつもない知らせが届きます

【織田信長が明智光秀の謀反により、本能寺にて討ち死に】

これを聞いた秀吉は【6月4日】に毛利家と和睦。

 

同日】、撤退を開始。

 

6月6日】、姫路城へ入城

 

6月13日】、「山崎の戦い」で「明智光秀」の軍を撃破。

 

同日】、「明智光秀」戦死。

 

天正10年(1582年)6月27日】、「清州会議」が開かれ、織田信長の孫「三法師」が織田家の後継者となり、「羽柴秀吉」がその後見人に決定。

 

天正11年(1583年)】、「賤ヶ岳の戦い」で「柴田勝家」が「羽柴秀吉」に敗北し死亡

 

1585年】、秀吉が「関白」に就任。翌年には「豊臣」の姓を名乗り、「太政大臣」に就任

 

1590年】、「小田原征伐」によって「北条氏政」「伊達政宗」を降伏させ、天下統一。

 

こうしてみると、「本能寺の変」で最も利益を得たのは「羽柴秀吉」です。


スポンサーリンク


秀吉の行動には、「事前に準備していないとできない」ような、驚異的なものが数多くあります。

  • 「中国大返し」という、1日30km進むのがやっとだった当時、1日で70km近く軍をすすめた
  • 「信長討ち死」という不確かな情報で、「撤退」を即座に決めた決断。
  • 交戦を続けていた毛利家と、わずか1日で和睦したスピード交渉。
  • 毛利家に背後から攻撃されても対処できるように「宇喜多秀家」と「南条元続」による万全の迎撃体制の構築
  • 京都周辺にいた武将たち「高山右近」「中川清秀」「細川藤孝」「筒井順慶」などを味方に引き入れる工作、そのあまりの手際の良さ

 

とにかく秀吉は「速い」のです。

 

有名な兵法書「孫子の兵法」には

「兵は拙速を尊ぶ(多少ヘタなやり方でも、とにかく急げ)」

と書かれているのですが、秀吉はその鉄則を守っているのです。

 

秀吉は、とにかく速い。迷いが一切ありません。

 

まるで事前に「本能寺の変」が起こることを知っていて、細かく準備していたかのように。

 

果たして「羽柴秀吉」は、「明智光秀」に影で指示を出した、「本能寺の変」の黒幕だったのでしょうか?

 

「羽柴秀吉が黒幕」である可能性は、低いと思います。


スポンサーリンク


「秀吉」は、「明智光秀」が「織田信長」を討ち果たしたことを利用して、利益を横から盗んだ・・・・そんな感じでしかないと考えられます。

 

理由は2つあります。

  • 「秀吉が光秀と裏でつながっていた証拠・根拠が皆無」
  • 「秀吉が光秀を裏であやつっていたなら、光秀がそのことを公表せずに死ぬはずがない」

 

秀吉は、「光秀」の黒幕であり、信長を殺させたのではなく、「事前に謀反を起こすかもしれないと、わずかに予想していただけ」だと思います。

 

おそらく秀吉は、「明智光秀」が「織田信長」に対して謀反を起こすかもしれないということを、常に警戒していたのでしょう。

 

光秀は信長から絶大な信頼を勝ち取っており、信長が住んでいた安土城や近畿地方すべての軍団の司令官でした。

 

謀反などの裏切り行為を成功させることが出来るとしたら、「明智光秀」しかいなかったのです。

 

秀吉は、その「万が一」にそなえて「迅速な撤退」が出来るように準備していたから、明智光秀を討ち果たし、天下をもぎ取れたのだと考えられます。

 

「羽柴秀吉」は黒幕ではないが、「明智光秀」が謀反を起こすかもしれないと感じていた。

 

だから事前に準備していたのではないでしょうか。


スポンサーリンク


『徳川家康』黒幕説を検証

こちらもいきなり結論を述べますと、「家康黒幕説」の可能性は低いと思います。

 

家康は、伯父「水野信元」を信長の命令により切腹で失っています。

 

父「松平広忠」を織田家の謀略で暗殺されたという説まであります。

 

また、最近では否定されているものの、「家康」は長男「松平信康」と正妻「築山殿」を、「信長」が原因で死なせたと、かつて言われていました。

 

つまり家康は「織田信長に怨みを抱いていた可能性が高い」ということです。

 

これだけの怨みがあっても、それでもなお「徳川家康」の黒幕説では可能性が低いと思います。

 

理由は、「家康が黒幕であった物証がない」ということです。

 

天正10年(1582年)6月2日】、「本能寺の変」勃発。

 

このとき家康は信長の勧めにしたがって、京都の南にあった「堺」という町を見物していました。

 

そこで「本能寺の変」が起こり、急遽「三河国」へ逃亡。

「神君伊賀越え」

家康が後年、「人生最大の難所だった」と証言したほどの苦難が、この『伊賀越え』です。

 

「伊賀越え」を成功させて本拠地「三河国」へ帰還した家康は、「信長公のカタキを討つ」と言って、即座に出陣。

 

しかし「山崎の戦い」で「明智光秀」が「羽柴秀吉」に討たれたと知ると、三河国へ撤退。

 

織田領だった「信濃・甲斐」への侵攻を開始します。


スポンサーリンク


「徳川家康・黒幕説」が噂された理由は2つあります。

  1. 「信長が家康を本能寺で暗殺しようとしていた可能性があったため」
  2. 「家康がのちに参謀とした南光坊天海が、実は明智光秀だったという説があるため」

 

1つ目の「信長による家康暗殺」については、明智光秀の末裔である作家「明智憲三郎」氏も主張しておられる説です。

 

織田信長は、同盟者であった「徳川家康」の勢力が強大化することを恐れていました。

 

そのため、「安土城」へ徳川家康をおびき出し、明智光秀の軍で暗殺しようとしたのだとか。

 

「信長による家康暗殺計画」を裏付ける証拠はありませんが、可能性は否定できません。

 

その「暗殺計画」を逆手に取って、家康は光秀と協力して「信長を暗殺した」としても、不思議ではありません。

 

2つ目、「家康の参謀【南光坊天海】が、実は生き延びた明智光秀だった」という説。

 

家康はともに織田信長を討ち果たした「明智光秀」をかくまい、その後「南光坊天海」と名前を改めて、【1615年】に「豊臣家」を滅ぼして復讐した・・・という説ですね。

 

「南光坊天海」と「明智光秀」を同一人物とする根拠は多いです。

 

しかし近年の研究によれば、「天海と光秀の筆跡が異なっている」ことを理由に、二人は別人であると考えられています。


スポンサーリンク


改めて申しますが、家康黒幕説の可能性は低いと思います。

 

もしも家康が黒幕であるなら、「伊賀越え」という危機を事前に回避できたはず。

 

光秀の末裔である明智憲三郎さんは「伊賀越えは苦難ではなく、安全に悠々と三河へ帰国している」と言っています。

 

家康が黒幕であったなら、「伊賀越えは苦難だった」と主張し、「自分も被害者である」ということを強調して、「本能寺の変」へ関与した疑いを晴らそうとしても、不思議ではありません。

 

ただ、家康が信長を殺したのなら、「秀吉黒幕説」と同じように、疑問が残ります。

 

光秀が「家康こそ黒幕である」という事実を、まったく明かさずに亡くなったことが、とても不思議です。

 

家康からすれば、「明智光秀」にすべての泥をかぶせて、自分だけ助かることとなれば好都合です。

 

しかし光秀からすれば、「家康が黒幕」であることを世間におおっぴらに公表すれば、かなり有利に事を運べたはず。

 

光秀は「細川藤孝」「高山右近」などに見捨てられ、孤立無援の状態でした。

 

「家康が黒幕だ」ということを世間に公表していれば、家康からすれば「光秀とともに羽柴秀吉たちを倒して、天下を取る」しか、生き残る道はなくなるのです。

 

つまり、「光秀」は「家康」からの援軍をまねく切り札を持っていたはずなのです。

 

ところが光秀は、なぜか「家康が黒幕である」ということを全く明かすこともなく、亡くなっています。

 

以上のことから、「家康黒幕説」は、根拠にとぼしいと思います。


スポンサーリンク


『その他』の黒幕説を検証

結論を言ってしまいますが、その他の「黒幕説」には、根拠が乏しく、可能性は限りなく低いです。

 

「本能寺の変」の「黒幕説」には、「秀吉説」「家康説」の他にも、数々の「人物」が黒幕の候補としてあげられています。

 

ここではそれをまとめて紹介します。

  • 朝廷(正親町天皇)
  • 足利義昭
  • 毛利輝元
  • 堺の豪商たち
  • ルイス・フロイスたちイエズス会
  • 高野山
  • 森蘭丸
  • 法華宗
  • 近衛前久
  • 上杉景勝
  • イギリス・オランダなどの海外勢力

スポンサーリンク


まとめて簡単に解説していきます

 

「朝廷(正親町天皇)」

朝廷の権威を貶めようとした信長を、天皇・朝廷が暗殺したという説です。

しかし信長は、朝廷や正親町天皇の保護者だったという説もあり、信ぴょう性に乏しいです。

 

「足利義昭」

信長を恨んでいた義昭を黒幕とした説ですが、本能寺の変の前後に、義昭が光秀と連絡をとっていた形跡がなく、可能性は低い。

 

「毛利輝元」「上杉景勝」を黒幕とする説

彼らが明智光秀と協力していたとすれば、「本能寺の変」の直後、光秀と協力して織田軍団を攻撃するはず。

しかし「毛利」は「秀吉」の背後を突いていないし、「上杉」も柴田勝家に圧迫されていました。

この説は、可能性が低いです。

 

「堺の豪商たち」「高野山」「森蘭丸」「法華宗」「イギリス・オランダ」など

どれも信ぴょう性に乏しいです。

これらは「小説」などから生まれた説です。


スポンサーリンク


「イエズス会」

作家「安部龍太郎」氏が、この「イエズス会」説を唱えておられました。

スペインと協力関係にあった織田信長が、「総見寺」という寺をつくって、自らを「神」として崇めるようにと指示したことに、イエズス会が激怒したという説です。

 

「近衛前久」

作家「安部龍太郎」氏は、「近衛前久」こそが、「本能寺の変」の黒幕だと主張していました。

朝廷の権威をないがしろにする信長を、「近衛前久」が策略を巡らせて暗殺した、というのです。

確かに「近衛前久」は、本能寺の変の直後に逃亡するなど、怪しい点はありますが、根拠に乏しいです。

ちなみに「安部龍太郎」氏は、「イエズス会」「近衛前久」「朝廷」「羽柴秀吉」など、複数の存在を「黒幕」として位置づけています。

安部龍太郎さんは、著書「信長はなぜ葬られたのか」で、数多くの要因が重なって「本能寺の変」がおきたという、いわゆる「複合説」を唱えておられました。

 

とはいえ、残念ながら「黒幕説」の中には、これだ!という根拠に乏しいものばかりです。

 

やはり近年もっとも有力視されている「四国説」がもっとも可能性が高いのではないでしょうか。

「四国説」とは何か?

では、「本能寺の変」の真相とは何なのか?

 

近年の研究では、「四国征伐回避説」が有力視されています。

「明智光秀が長く友好関係を築き上げてきた四国の大名『長宗我部元親』、その長宗我部を討伐するための軍が出撃する直前に、光秀は「長宗我部」を救う目的で、信長を倒した」

という説です。

 

この「四国説」は、「黒幕説」や「単独犯行説」などとミックスされて主張されることもある説です。

 

2014年」に発見された「石谷家文書(いしがいけもんじょ)」という資料によって、「四国説」は近年有力視されています。

「光秀は、長宗我部元親を救うために、信長を討った」

この説が、近年もっとも一般的な説となっています。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,「黒幕説」とは、「信長を討った光秀には裏に黒幕がおり、その黒幕の命令により、光秀は『本能寺の変』を起こした」という説のこと。

 

2,「黒幕説」には「秀吉」「家康」または「近衛前久」などを黒幕にする説がある。

 

3,近年では「黒幕説」よりも、光秀による「単独犯行説」が有力。中でも「四国説」と呼ばれる「四国征伐軍阻止説」が、もっとも可能性が高いとされている。

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る