【斎藤道三】油売りから美濃国主になった逸話!親子二代の国盗物語!

この記事では「斎藤道三が【油商人】から、どのようにして【美濃国主】になれたのか」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「斎藤道三の前半生・下剋上ができた理由」を、カンタンに理解できます。

 

「斎藤道三」は、実は成り上がり者の苦労人ではなく「ボンボン」なのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,近年の研究によると、「斎藤道三」は一人で「美濃の国盗り」を成功させたのではなく、父「長井新左衛門尉」と二人で美濃国を奪い取ったと考えられている

 

2,「長井新左衛門尉」と「斎藤道三」は、美濃国守護代「長井氏」「斎藤氏」そして守護「土岐氏」を次々と下剋上で追いやり、20年の時間をかけて美濃国を支配した

 

3,「親子二代での国盗り」であるならば、斎藤道三は「油商人から成り上がった苦労人」ではなく、「優秀で裕福な二代目」ということになる

「斎藤道三」は、たった一人で「美濃国主になった」のではなかった!

「斎藤道三」は、父親と二人で、二代に渡って「美濃国主に成り上がった」と考えられています。

 

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

 

斎藤道三はこれまで「たった一人で油商人から美濃国主まで成り上がった」と考えられてきました。

 

ところが、近年の研究によると、「斎藤道三」の父「長井新左衛門尉(ながいしんざえもんのじょう)」こそが、油商人だったといわれているのです。

 

ここでは「斎藤道三」と父「長井新左衛門尉」の二人で「美濃国主」を乗っ取った(国盗り)という前提で解説いたします。

 

斎藤道三は、「油商人」ではなく、有力武将「長井新左衛門尉」の息子で、裕福な家の二代目だったということです。


スポンサーリンク


「油売り」から「美濃国主」にまでなった逸話を「年表・物語」で解説

1494年】、のちの「斎藤道三」が誕生しました。

 

父の「松波庄五郎(庄九郎)」は、油商人の娘を妻とし、油商人として成功するようになります。

「【じょうご】をつかわずに、銭の穴を通して油を注ぎます。失敗したらお代はお返しします。」

つまり「パフォーマンス」をみせる商法で、父「松波庄五郎」は商売に成功したのです。

 

その後、「松波庄五郎」は、「僧侶」になったとも考えられています。

 

1521年~】、正確にいつのことなのかはわかっていませんが、このころ「松波庄五郎」は「油商人」をやめて武士となり、美濃国守護「土岐氏」の家来であった守護代「長井長弘」に仕えます。

 

「長井長弘」に仕えると同時に、「松波庄五郎」は長井氏の重臣「西村」の名跡を継ぎ、「松波庄五郎」から「西村勘九郎正利」と改名しています。

 

1527年】、「西村勘九郎正利」は、美濃国守護「土岐氏」の守護職争いに介入します。

 

土岐氏の次男「土岐頼芸」に味方し、長男「土岐頼武」を美濃国から追放したのです。

 

1530~1533年】、「西村勘九郎正利」は、主君だった「長井長弘」を「不行跡あり」つまり「失態をおかした」という理由で殺害。

 

実はこの「長井長弘」を殺害した頃に、「西村勘九郎正利」が他界、または家督継承が行われたと考えられます。

 

「西村勘九郎正利」は死去か引退により、歴史の表舞台から消えるのです。

 

同時に「西村勘九郎正利」の息子が「長井長弘」の名跡を継承し、「長井新九郎規秀」と名乗って、歴史の表舞台に登場。

 

この「長井新九郎規秀」こそ、のちに「斎藤道三」であると考えられています。

 

1535年】、「長井新九郎規秀」は、「土岐頼芸」を指示して、かつて美濃国から追い出した「土岐頼芸」の兄「土岐頼武」の子「土岐頼純」と交戦。

 

1538年】、美濃国の守護代「斎藤利良」が病死します。

 

このとき、「長井新九郎規秀」は、守護代「斎藤氏」の名跡を継承し、「斎藤利政」と改名。

 

美濃国の守護代の地位を手に入れます。

 

翌年、「斎藤利政」は居城「稲葉山城」を難攻不落の要塞へと改修するのです。

 

1541年】、「斎藤利政」は美濃国守護「土岐頼芸」の弟「土岐頼満」を毒殺。

 

1542年】、美濃国「大桑城(おおがじょう)」にいた「土岐頼芸」を攻撃し、息子「頼次」ともども終わり国へと追放。

 

これにより、美濃国の国盗りに成功。

 

父「松波庄五郎」こと「西村勘九郎正利」とともに、20年にもわたる「斎藤道三の国盗り」は、見事に成功したのでした。


スポンサーリンク


道三は「成り上がりの苦労人」ではなく、「ボンボン」だった?

これまで斎藤道三は、「油商人」「僧侶」「武士」と、3つの身分を渡り歩いて能力を発揮した「成り上がり者」と考えられてきました。

 

ところが、その「油商人」として成功したのが、「道三」ではなく父「長井新左衛門尉」であると判明したことで、その常識はくつがえりました。

 

長井新左衛門尉は、美濃国で「紙」の集積地をおさえた、とても裕福な武将であったと考えられています。

 

ということは、斎藤道三は若い頃から、裕福な父の「英才教育」を施された「ボンボン」「二代目」「跡取り息子」だったのです。

 

道三は「苦労人」でも「立身出世に成功した人物」でもありません。

 

ただし、その能力の高さは疑いようもありません。

 

斎藤氏の名前を乗っ取り、土岐氏を追放し、美濃国を支配した「斎藤道三」の手腕は、「無能な二代目」とは程遠いものなのです。


スポンサーリンク


『斎藤道三』が「その後」どうなったのかを解説

斎藤道三は、美濃国を奪い取ると、宿敵であった「尾張国」の武将「織田信秀」に接近します。

 

娘の「帰蝶」を、「織田信秀」の息子「織田信長」に嫁がせて同盟を締結。

 

莫大な資金をもつ「信秀」の後ろ盾を武器にして、道三は美濃国の支配を強化していくのです。

 

ところが、その独裁的な支配体制は、美濃国の豪族たちからの反発をかいます。

 

1552年】、「織田信秀」が病死した頃から、道三の何かが狂い始めるのです。

 

1556年】、美濃国の豪族たちは、道三の子「斎藤義龍(高政)」をかつぎあげて、斎藤道三に戦いを挑みます。

 

「長良川の戦い」に敗北した「斎藤道三」は、かつて「正徳寺(聖徳寺)」で会談し、その非凡な才能を褒めちぎった娘婿「織田信長」にたいして、「美濃国のゆずる」と書かれた「国譲り状」を残して戦死。

 

織田信長は、道三が死んだ「11年後」に、美濃国を奪取し、一気に天下統一へと突き進むことになるのです。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,近年では、「斎藤道三」は一人で「美濃の国盗り」したのではなく、父と二人で美濃国を奪い取ったと考えられている

 

2,父「長井新左衛門」と息子「道三」は、美濃守護代「長井氏」「斎藤氏」、守護「土岐氏」を下剋上で倒し、20年かけて美濃を支配した

 

3,「親子二代での国盗り」ならば、道三は、「商人から成り上がった苦労人」ではなく、「裕福な二代目」ということになる

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


「斎藤道三」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る