斎藤道三の愛刀・鎧兜は現在どこにあるの?肖像画も画像付き解説!

この記事では「斎藤道三の愛刀・鎧兜・肖像画」について、わかりやすく、短く、カンタンに解説しております。

 

これを読めば「道三の遺物」について、カンタンに理解できます。

 

「斎藤道三の甲冑」が現在「南宮大社」に収蔵されているのです。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,斎藤道三の「愛刀」は、消息も名前も不明。ただ、道三の息子二人を死なせた刀の名前は「有動刀(うどうとう)」という名前で伝えられている

 

2,道三が着用したと考えられている「鎧兜」が、現在「岐阜県不破郡垂井町」の「南宮大社」に所蔵されている

 

3,道三の肖像画は、岐阜県岐阜市の「常在寺」で展示されている

斎藤道三の「愛刀」とは?

結論から言ってしまうと
「斎藤道三」が使っていた「愛刀」は
現在消息不明です。

 

《斎藤道三》
「引用元ウィキペディアより」

 

それどころか
「斎藤道三」が、どのような刀を持っていたのかも
ハッキリとは、わかっていません。

 

ただし
「斎藤道三」と因縁の深い名刀については
逸話が残っています。

 

「有動刀(うどうとう)」

 

1556年
道三の長男「斎藤義龍(高政)」が
異母弟「孫四郎」「喜平次」を
「日根野弘就(ひねの ひろなり)」という武将に斬らせたときに使われた刀が
この「有動刀」です。

 

「日根野弘就」がこの刀を振ると
なんと一振りで、二人まとめて一刀両断に出来てしまった
といわれています。

 

有動刀は現在、消息不明。

 

「斎藤道三」は、この直後に
息子の「斎藤義龍(高政)」に「長良川の戦い」で敗北し
その生涯を閉じるのです。


スポンサーリンク


道三の「鎧兜」は現在どこにあるのか?

斎藤道三が使用していたという鎧兜・甲冑が、現在も「岐阜県不破郡垂井町」の「南宮大社」に残されています。

 

「紅糸中白縅胴丸」(べにいとなかしろおどしどうまる)

 

金色の細工と赤の染糸で彩られた甲冑です。

 

兜は「三鍬形阿古陀形筋兜」

 

この鎧は、天才軍師「竹中半兵衛重治」が、斎藤道三の死後に奉納したといわれています。

 

実際に斎藤道三が身につけたと言われている鎧です

 

現在は「岐阜県」の「指定文化財」にされており、岐阜県内にある鎧の中では「最古」のものです。

 

甲冑は「岐阜県不破郡垂井町」の「南宮大社」に所蔵されています。


スポンサーリンク


道三の「肖像画」は、現在「宿敵」の肖像画とともにあった

斎藤道三の肖像画は、現在「岐阜県岐阜市」の「常在寺(じょうざいじ)」が所蔵しています。

 

この「常在寺」は、「斎藤道三」とその父「長井新左衛門尉(ながいしんざえもんのじょう)」が、拠点とした、斎藤氏の菩提寺です。

 

実は「斎藤道三」の肖像画は、道三を討ち果たした息子「斎藤義龍」の肖像画と一緒に保管されています。

 

宿敵の肖像画と一緒に保管されているとは、なんとも奇妙なものです。

 

普段から展示されているらしく、寺行事が行われている日以外は、拝観料を支払えば、観ることができるとのことです。

 

毎年4月第一土曜には、「道三まつり」と「斎藤道三公追悼法要」が行われています。

 

この「法要」の日と翌日の二日間は、無料開放されているとのことです。

 

『斎藤道三』について「ひとこと」いいたい

斎藤道三は、近年の研究によると、父「長井新左衛門尉」と二人で「美濃国主」にのぼりつめた武将であると考えられています。

 

道三はこれまで「たった一人で油商人から国主となった下剋上の武将」と言われてきました。

 

しかし、そうではなかったのです。

 

ということは、斎藤道三は元「商人」の苦労人ではなく、美濃国内の領主であった父「長井新左衛門尉」から、英才教育を施された「ボンボン」であった可能性があるのです。

「油商人から、一念発起して武芸の修行をはじめ、槍の達人となった」

そんな逸話が伝えられている「道三」ですが、若い頃から父に槍の修行をさせられていたのでしょう。

 

ドラマや小説で形作られた「斎藤道三」は、現実の斎藤道三とは全く異なっているということなのでしょうね。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,斎藤道三の「愛刀」は、消息も名前も不明。道三の息子二人を斬った刀の名前は「有動刀」

 

2,道三が着用した「鎧兜」が、「岐阜県不破郡垂井町」の「南宮大社」に所蔵されている

 

3,道三の肖像画は、岐阜県岐阜市の「常在寺」にある

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。

「斎藤道三」関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

斎藤道三と織田信長の関係を解説!道三の残した予言と息子たちの最期』 の記事はコチラ
帰蝶は信長の死後に再婚したのか?彼女の最後と死因を調査』 の記事はコチラ
織田信長の嫁の名前一覧表!正妻は「帰蝶」ではなく生駒吉乃?』 の記事はコチラ
明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』 の記事はコチラ
「明智光秀はなぜ織田信長を裏切った?最新説『徳川家康の陰謀』を考察」の記事はコチラ
『明智光秀と濃姫はどういう関係?細川藤孝や長宗我部元親との関係も解説』 の記事はコチラ
本能寺の変とは何かについてその概要を世界一詳しくわかりやすく説明』 の記事はコチラ
「織田信長の居城と場所を紹介!安土・岐阜の名前の由来や城下町の政策」の記事はコチラ
「[織田信長]本能寺の変で死んでない?真実と黒幕を分かりやすく簡単に解説」の記事はコチラ
「織田信長の家系図と子孫を解説!「きちょう」こと濃姫との子供とは?」の記事はコチラ
「織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます」の記事はコチラ
「織田信長はどんな人物だったの?意外にも優しいエピソードが多かった」の記事はコチラ

 

明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ
斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る