本能寺の変【朝廷黒幕説】わかりやすく解説!真犯人は正親町天皇か?

皆さんは「本能寺の変・朝廷黒幕説」を、ご存知でしょうか?

 

実は「朝廷黒幕説」について、くわしく知っている方は、それほど多くないみたいです。

 

この記事では「朝廷が本能寺の変の黒幕だった説」を、わかりやすく、みじかく、カンタンに解説いたしました。

 

今は「朝廷黒幕説」について、漠然としか知らなかったとしても、大丈夫です。

 

これを読めば、誰かに説明できるほど、「本能寺の変」と「朝廷黒幕説」に詳しくなれます。

 

この記事を読んで、「朝廷黒幕説」の疑問をスッキリと解消していただけたら、これほど嬉しいことはありません。


スポンサーリンク


歴史専門サイト「レキシル」にようこそ。

どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。

この記事を短く言うと

 

1,本能寺の変「朝廷黒幕説」とは、「明智光秀」は、朝廷すなわち「天皇」と「お公家さん」の命令で「織田信長」を討った、という説のこと

 

2,「朝廷黒幕説」によると、「織田信長」を討った真犯人は「正親町天皇」ということになる

 

3,「本能寺の変」で信長が亡くなったあと、朝廷は「明智光秀」に褒美を送るなどして接近したが、「山崎の戦い」で光秀が戦死。その後は「羽柴秀吉」に弱みを握られたかのように、秀吉の意のままに動いてしまっている

本能寺の変【朝廷黒幕説】をわかりやすく解説

「本能寺の変」で「織田信長」を討った「明智光秀」を、影で操っていたのは「天皇」と「お公家さん」たち、すなわち「朝廷」であるという説が「朝廷黒幕説」です。

《明智光秀》
「引用元ウィキペディアより」

一説によると、織田信長は、「天皇を廃して、自らが日本の王になろうとした」と言われています。

 

そのため、危機感を抱いた公家や朝廷は、朝廷を大切にしてくれていた「明智光秀」をそそのかして、信長を討たせた・・・。

 

信長を討った光秀は、朝廷から褒美を受け取っています。

 

ところが、その光秀が、「本能寺の変」からわずか11日後に、「山崎の戦い」で「羽柴秀吉」によって敗死してしまうのです。

 

関白「近衛前久(このえ さきひさ)」は、これに驚いて各地を逃亡。

 

「近衛前久」が逃げ回っていることからしても、「朝廷黒幕説」に信憑性があると考えられています。


スポンサーリンク


真犯人は「正親町天皇」なのか?

「織田信長」を討った真犯人は「正親町天皇」なのでしょうか?

 

その可能性は、低いと思います。

 

なぜなら、「織田信長」が「朝廷を滅ぼそうとしていた」「朝廷の権威をこえる存在になろうとしていた」というのは、残念ながら根拠が薄いことだから。

 

信長は「京都の馬揃え」を行い、朝廷への敬意を忘れていません。

 

一説では「京都での馬揃え」、すなわち「本能寺の変」の直前に「京都」で行われた「軍事パレード」は、「朝廷への軍事的圧力であった」という説があります。

 

しかし、実際には「京都馬揃え」は、「正親町天皇」から命令されて行ったものなのです。


スポンサーリンク


「信長は、天皇を廃止して、自分が王になろうとした」

と言われていますが、実際にはそんなことはありません。

 

信長は、実際に天皇の権威を越えようとした「足利義満」とは違って、しっかりと朝廷を守ろうとしています。

 

「正親町天皇」からすると、そんな信長を討つ理由が存在しません。

 

「近衛前久」が、「本能寺の変」のあとに逃げ回ってはいるものの、正親町天皇は京都から動いていません。

 

何も後ろめたいことなどなかったのでしょうね。

 

さらにいえば、明智光秀がもしも正親町天皇から「信長を討て」という命令を受けていたのだとしたら、「本能寺の変」のあと、「天皇の命令があった」ことを、光秀は広く世間へ宣伝したはずです。

 

そんな宣伝を、光秀は全くしていないのです。

 

そのため、天皇から「信長を討て」と命じられた可能性は、極めて低いと考えられます。

 

ただ、「正親町天皇」が「織田信長」を嫌っていた可能性はあります。

 

信長は、朝廷にとって大切な聖地「比叡山延暦寺」を焼き討ちにしています。

 

そのため、「正親町天皇」は「織田信長」を毛嫌いしており、信長からの要請に対して、ことごとく難色を示していたのだとか。

 

「正親町天皇」との関係が思わしくなかった信長は、天皇の位を「正親町天皇」から、「誠仁親王」へ継がせようとしていた、という説もあります。

 

とはいえ、信長からすれば、仏法をおろそかにして既得権益をむさぼり、金やら女やらで腐敗しきった「比叡山延暦寺」を焼き討ちすることは、正当な事情があってのことでした。


スポンサーリンク


「本能寺の変」で信長が亡くなった「その後」朝廷はどうなった?

「本能寺の変」で信長が亡くなった後、朝廷は「明智光秀」にたいして「鎧」などのご褒美を与えています。

 

朝廷からすると、光秀の行ったことを批判するチカラもなかったのでしょう。

 

そのため褒美を与えて、てなずけようとしたのだと考えられます。

 

その後、朝廷の重役であった関白「近衛前久」は、秀吉に「本能寺の変」への関与を疑われ、近衛家ら「五摂家」で700年も独占していた「関白」の職を、「豊臣家」に奪われています。

 

実は「本能寺の変」のとき、明智光秀の軍が「近衛前久の屋敷」の中から、敵に向かって鉄砲を撃っているのです。

 

これは「近衛前久が、明智軍に協力して、一緒に信長を討った」と言われても仕方のないことでした。

 

この弱みを握られた「近衛前久」は、秀吉に屈服せざるを得なくなり、関白職を奪われたのでした。

 

「豊臣家」が「大坂夏の陣」で滅びると、朝廷は「徳川幕府」から「禁中並公家諸法度」という法律を押し付けられて、がんじがらめにされます。

 

江戸幕府に縛られて、なんとか命を保った朝廷は、260年後の「明治維新」で担がれ、ついに江戸幕府を滅亡させたのでした。


スポンサーリンク


『朝廷黒幕説』について「ひとこと」いいたい

「朝廷黒幕説」は、可能性が低いと思います。

 

なぜなら「織田信長」が朝廷を滅ぼそうとしていた、というのは、根も葉もない噂に過ぎないから。

 

信長の居城「安土城」、その「天主閣」に信長は住んでいたと言われています。

 

通常は「天を守る楼閣」という文字を書く「天守閣」ですが、「安土城」では「天の主の楼閣」という意味で、「天主閣」と書くそうです。

 

これらのことから、「信長が天皇の権威を超えて、王になろうとした」と言われていますが、実際には信長はかなり「真面目」な性格であったと考えられます。

 

例えば

  • 信長は「武田信玄」「上杉謙信」「浅井長政」ら各地の大名と「同盟」関係を締結しているが、信長のほうから「同盟」を破棄したり無視したりしたことは一度もない
  • むちゃくちゃな政治をつづける征夷大将軍「足利義昭」を、最終的には追放したものの、いさめ続けた。
  • 浅井・朝倉連合軍をかくまって信長に敵対し、「高利貸し」などの利権をむさぼり、仏法の修行をおろそかにしていた「比叡山延暦寺」に対して、「1年間」の猶予をあたえて、「浅井・朝倉に味方しないように」と説得を続けた(これを無視したため焼き討ちした)

近年の研究では、信長は「かなり真面目な性格だった」と考えられています。

 

「仕えない人間は即座に切り捨てる」と考えられている織田信長・・・。

 

実際には、武将たちの「努力度」をしっかりと確認しています。

 

もしも「結果を出せない人は即リストラにするのが信長流」というのなら、「上杉謙信」に「手取川の戦い」で大敗した「柴田勝家」など、あっという間に追放処分のはずです。

 

「真面目な為政者」であった「織田信長」・・・。

 

それまで戦乱続きだった「京都」に平穏をもたらした信長を、朝廷が排除するとは、ちょっと考えにくいと思います。


スポンサーリンク


まとめ

本日の記事をまとめますと

1,本能寺の変「朝廷黒幕説」とは、「明智光秀」は、「朝廷」すなわち「天皇と公家」の命令で「織田信長」を討った、という説のこと

 

2,「朝廷黒幕説」によると、「織田信長」を討った真犯人は「正親町天皇」ということになる。しかし筆者は、その可能性は低いと考えている

 

3,「本能寺の変」で信長が亡くなったあと、朝廷は「明智光秀」に褒美を送るなどして接近した。しかし直後の「山崎の戦い」で、光秀は戦死。その後の朝廷はまるで「羽柴秀吉」に弱みでも握られたかのように、その意のままに動いてしまっている

以上となります。

本日は「レキシル」へお越し下さいまして、誠にありがとうございました。

よろしければ、またぜひ当サイトへお越しくださいませ。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


関連記事

よろしければ、以下のリンク記事も、ぜひお役立てくださいませ。

『斎藤道三の全てを徹底解説!年表やエピソードから子孫まで完全網羅』の記事はコチラ
『明智光秀の全てを徹底解説!年表からエピソードや性格まで完全網羅』の記事はコチラ
『織田信長がしたことを年表にまとめて簡単解説!『天下の取り方』教えます』の記事はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る